自動車保険の新車特約(車両新価特約)とはどんな特約?

新車を買った矢先、事故で車が壊れてしまった。こんなとき、「新車特約(車両新価特約)」を付けていれば同じ車を新品で買い換えられる可能性があります。ただし、使用できる条件が限られていて、使うケースは非常に稀です。

ここでは、「新車特約」について詳しく解説します。

Chapter
新車特約(車両新価特約)とは?
新車特約のメリット・デメリット
新車特約は必要なのか?
まとめ

新車特約(車両新価特約)とは?

新車特約(車両新価特約)とは?

新車特約(車両新価特約)」というのは、車を買ってすぐに事故などで破損してしまったときに、新車を購入する際の費用を受け取れる自動車保険の特約のことです。全損もしくは半損の場合に補償が受けられます。

せっかく新車を買ったのにすぐに破損してしまったら車を買い換える必要がありますが、買い換えにはとてもお金がかかりますよね。ローンで購入して、まだ完済できていない場合はさらにお金がかかります。

通常の車両保険では補償の上限金額は車の時価額となっています。そのため、新車と変わらないくらい綺麗で、走行距離が短い場合でも時価はどんどん下がっていくのです。時価額が新車の購入代金よりも低い場合、新車をすぐに購入することは難しいでしょう。

そこで役立つのが「新車特約(車両新価特約)」です。例えば、500万円で新車を購入し、保険の契約時に新車価格を500万円にしておけば時間が経っても上限は500万円のままになります。そのため、最大500万円を受け取って新車を購入することができるのです。

新車特約のメリット・デメリット

新車特約のメリット・デメリット

メリット

自動車保険に新車特約をつけるメリットは、なによりも新車に安心して乗れることです。新車に乗っている時は、特に事故を起こしたくない人が多いでしょう。また、万が一事故を起こしても車の時価が下がらないため、事故を起こしてもすぐに次の新車を購入できます。

デメリット

一方、以下のようなデメリットもあります。

・使う可能性が低いこと
・等級が3等級下がること
・盗難が補償の対象外であること

1点目について、新車で事故を起こして、なおかつ全損もしくは半損になる可能性は高くはないですよね。事故を起こさないにこしたことはありませんが、特約を使わずに終わることのほうが多いでしょう。

2点目について、特約を利用すると等級が3等級下がります。特約をつけることで保険料は高くなりますし、利用した後も割引率が下がって結果的に保険料が上がることになります。

3点目について、通常の車両保険は盗難も対象となっていますが新車特約は対象外なので、新車特約をつけていても盗難された場合の保証金は時価額となります。

新車特約は必要なのか?

新車特約は必要なのか?

自動車保険の新車特約が必要な人は、事故で車が破損しても同じくらいのクラスの車を購入したい人運転にあまり自信がない人でしょう。

事故が起きて車を買い換えるときに、同じ車種を再度購入したい人は少なくないと思います。新車での事故の場合は、乗った回数も少ないので、なおさら同じ車種に乗りたいですよね。新車特約をつけていなければ補償が時価額になって、新車を購入するときの差額が大きな負担になってしまいます。購入予定の車の値段が高ければ高いほど特約をつけておくと安心でしょう。

また、運転にあまり自信がない人高齢者ドライバーは事故を起こす確率が高くなる可能性があります。運転に自信がなくても新車を購入したばかりの人や、高齢でも運転しなければいけない人はつけておくほうがよいでしょう。

ただし、運転に慣れている人にとっては必要性は低いかもしれません。利用すると等級が下がることや、盗難が補償の対象外であることなども考慮する必要があります。

まとめ

  • 自動車保険の新車特約は、運転に自信がない人や安心して新車に乗りたい人に適した特約。
  • 安心できる、同じクラスの車種に買い換えやすいというメリットはあるが、利用すると等級が下がるなどのデメリットもある。
  • そもそも半損や全損の事故を起こす可能性は高くはない。

この記事をシェアする

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査