即日加入で安い自動車保険の選び方

新車を買って明日車が納車されるから出かける予定を立てていたところ、うっかり自動車保険に入り忘れていたというケースも起こりうるものです。ほかに、旅行の際に車を出してくれる友達が当日来られなくなって、補償対象になっていない親の車を借りて運転しなければならないケースなども考えられます。突然保険対象外の車に乗らなければいけなくなった場合、当日安く加入できる自動車保険があったら大変便利ですね。

ここでは、「即日加入」できてコストを抑えられる自動車保険を探す方法について詳しく解説します。

Chapter
通販型自動車保険は加入当日から即日で補償してくれる?
自動車保険はいつから補償が始まるのが一般的?
代理店型や一日自動車保険なら即日契約が可能
自動車保険の契約は早めに行いましょう
まとめ

通販型自動車保険は加入当日から即日で補償してくれる?

通販型自動車保険は加入当日から即日で補償してくれる?

自動車保険にすぐ加入できそうで価格が安いものと思ってまず頭に浮かぶのが、インターネット手続きができる「通販型自動車保険」でしょう。通販型なら、パソコンやスマホなどのインターネット環境さえあれば、自宅や外出先など場所を選ばず自分の好きな時間に、いつでも登録手続きを行うことができます。

しかし結論からいうと、通販型では手続きをした当日に契約をすることはできません。理由は、保険金を不正に請求にされないようにするためです。

当日自動車保険に加入できてしまうと、例えば保険のない人が事故を起こした直後、警察を呼ぶ前にインターネットで申し込み手続きを終えておいて、事故が起きた時間を手続き後に設定すれば、一応補償の対象になりえます。

こうした万が一のリスクを避けるために、通販型の自動車保険会社では念のため、申し込みの当日は補償が開始されないようになっているのです。そのため、通販型は費用を抑えることができますが、当日に補償を受けたい人には向いていないと言えます。

自動車保険はいつから補償が始まるのが一般的?

自動車保険はいつから補償が始まるのが一般的?

自動車保険の補償は一般的に申し込みの手続きが済んで、保険会社から送られてくる証券に記載される「始期日」が補償開始日です。開始時間は、基本的にはその始期日の「午後4時から」となります。

そのため、補償開始を少しでも早めたいという場合は、事前に申し出ておく必要があります。契約期間は、具体的にどのくらいかかるのかも気になるところですね。手続きは余裕をみて、補償を受けたい日の1週間前には済ませておくことが推奨されています。

また、「通販型」の補償開始日は最も早い場合でも、オンライン申し込みを行った日の翌日からとなります。

「通販型」の場合も、車検証などの必要書類の提出や、保険料の支払いが不可欠となります。オンライン申し込みをする場合には、郵送や画像のアップロードなどの方法で必要書類を提出し、クレジットカードなどで費用を支払います。必要書類やカード情報に不備があったりして、スムーズに手続きが終わらないと、補償開始日はさらに遅れることになります。

代理店型や一日自動車保険なら即日契約が可能

代理店型や一日自動車保険なら即日契約が可能

では、当日自動車保険に加入して、補償を開始させるにはどうしたら良いのでしょうか。申込み当日から補償を開始させるには「代理店加入」「一日自動車保険」の2種類の方法が挙げられます。

代理店型の場合

「代理店」の場合、即日で保険契約を結ぶ権利が与えられていることが特長です。自分で近くの代理店を調べて足を運ばなくてはいけないので手間はかかりますが、保険代理店で契約の申し込みをして、その場で契約済みの書類を受け取れば、即座に補償が開始されます。

ただ、ここでも必要書類が不足しているとその場で加入ができなくなってしまうため、何が必要かを電話で問い合わせるなどして、手元の書類をチェックしておきましょう。

一日自動車保険の場合

また、とりあえず今は長期契約をしなくても大丈夫という人は、「一日自動車保険」に入る手もあります。1日単位でスマホやコンビニからでも手軽に申し込めるとあって、突発的に保険を利用したい人に人気があります。手続きも車両ナンバーを登録するなど長期契約の保険に比べて簡単で、ワンコインからと値段設定もお手頃。

ただ、「車両補償」を付けたい場合は7日前には事前登録しておかなくてはいけないことや、高級車など保険対象外の車種があることに注意が必要です。

自動車保険の契約は早めに行いましょう

自動車保険の契約は早めに行いましょう

自動車保険は、「代理店」「一日自動車保険」を利用すれば、なんとか当日に間に合わせることもできます。

ただ、「代理店」では当日必要書類を揃えておく必要があることや、オンライン手続きより値段が高くなることがデメリットです。思ったよりも時間がかかって、結局予定通りの出発時間に間に合わなかったなんてこともあります。

また、「一日自動車保険」では、運転するたびに加入が必要なため、乗る回数によってはかえって手間で、年間を通すと意外と費用が高くなってしまうことがあるなどと後悔してしまうことも少なくありません。

自動車保険はできれば当日でなく事前に加入しておく方が、気持ちの余裕も持てて安心です。自動車保険に申し込んだ日に事故が起きてしまったときは、契約がきちんと完了していないと補償がされなくなる危険性もあります。

手続きに手間取ったり書類が不足していたりして、契約がスムーズに進むとも限らないので、自動車を使うことがわかったら1日でも早く手続きを始めておきましょう。

まとめ

  • インターネット手続きの通販型自動車保険はコストを抑えられるけれど、当日加入ができません。
  • 代理店で加入すれば当日加入が可能になりますが、費用が高くなります。
  • 一日自動車保険は手軽で便利ですが、運転する都度入りなおさなくてはいけません。

この記事をシェアする

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査