割安な自動車保険を選びたい!押さえるポイントをくわしく指南

「自動車保険」は自動車を運転する人にとって大切な保険ですが、加入するなら「できる限り保険料の負担が少ないものを選びたい」という人は少なくないでしょう。自動車保険は保険会社やプランの内容によって保険料が変わってくるため、ポイントを押さえて選ぶことで同じ保険内容でも割安の保険を選ぶことが可能です。

今回は、「自動車保険」の保険料の仕組みを解説するとともに、割安な自動車保険の選び方のポイントを詳しく解説します。

Chapter
保険料はどんな仕組みになっている?
手数料を抑えるなら通販型がおすすめ
通販型の保険料をさらに割安にするには?
一括見積もりサービスで保険を見直そう
まとめ

保険料はどんな仕組みになっている?

保険料はどんな仕組みになっている?

「自動車保険」の保険料は、いくつかの項目に基づいて算出されます。項目の内容は用途や車種・型式・中古車、もしくは新車かどうか・保険金額や免責金額・年齢・等級・運転者限定かどうかなどがあります。以上の項目の内容を審査し、契約者が支払う自動車保険の保険料を最終的に保険会社が決定します。
保険会社によっては独自の項目や料率を用いていることがあるため、同じ条件でも保険料が異なってきます。

私たちが支払っている自動車保険の保険料ですが、その内訳には契約者に対して保険金を支払うための原資である「純保険料」と、保険会社を運営するためのコストである「付加保険料」の2つがあります。

そのため、支払った保険料が全て保険金として積み立てられるわけではなく、支払った保険料から何割かは保険会社の運営費用として差し引かれることになります。この付加保険料は自動車保険のタイプによって異なっていて、一般的には代理店型よりも通販型の方が安い傾向が見られています。

手数料を抑えるなら通販型がおすすめ

手数料を抑えるなら通販型がおすすめ

割安な自動車保険を選ぶポイントとしては、「付加保険料」が安いことが挙げられます。
自動車保険料の割合の中で実際に保険金として支払われる「純保険料」を安くすると、支払われる保険料も安くなってしまう可能性がありますよね。

一方、「付加保険料」は保険会社に支払う手数料なので、付加保険料を安く抑えることで自動車保険料全体を割安にすることができるのです。このため、付加保険料などの手数料を抑えるのであれば「代理店型」よりも「通販型」の方がおすすめだと言えます。

なぜ「代理店型」よりも「通販型」の手数料が安くなるのかというと、「通販型」は電話やインターネットを通じて直接保険会社と契約することができるためです。「代理店型」の場合は代理店を経由して保険契約をするため、仲介手数料という形で代理店手数料や事務費用が発生してしまいます。この違いから、余計な手数料のかからない通販型の方が自動車保険料全体を割安に抑えることができます。

通販型の保険料をさらに割安にするには?

通販型の保険料をさらに割安にするには?

「代理店型」と比較すると「通販型」は自動車保険料を割安にすることができますが、さらに割安にするためにはまず保険内容の見直しを行うことがおすすめです。

保険料を決定する契約に関わるいくつかの項目を見直していくのですが、中でも特に見直したいのが「用途」や「運転者限定」などの項目になります。これらの項目を見直すことで保険料が安くなる可能性があるので、これまでと状況が変わった場合には変更をかけましょう。このタイミングで「通販型」の自動車保険に加入し直すことのも良いでしょう。

また、「通販型」の自動車保険は、保険内容をある程度任意で決めることができるという特徴があります。補償内容に関しては自分たちの状況に合わせて、必要のないものを削除することで余計な保険料がカットすることが可能です。

ただ、保険料を安くしたいために補償を削り過ぎてしまうと、いざという時にトラブルになってしまいますので、保証内容は吟味して選別することが大切です。

一括見積もりサービスで保険を見直そう

一括見積もりサービスで保険を見直そう

割安な自動車保険を選ぶためのポイントとして、「一括見積もりサービス」で保険を見直すことも重要になってきます。
「一括見積もりサービス」は名前の通り、複数の保険会社に一括で見積もりを依頼できるサービスです。「一括見積もりサービス」を利用すれば、複数の自動車保険に一社ずつ見積もりを依頼する手間を省くことができますし、複数の自動車保険の内容や保険料を比較しやすくなっています。また、自分の条件に合う自動車保険の中から任意で選ぶことができるというメリットもあるので、条件に合わない自動車保険から見積もりが来ることはありません。

「一括見積もりサービス」を利用すれば、通販型の自動車保険の中でもさらに自分の条件に合ったものや割安で利用できるものを見つけやすくなります。また、「一括見積もりサービス」で提示された保険料をまとめることで、現在の状況でかかってくる保険料の相場を知ることもできます。そうして算出された相場を参考にして、保険料を比較するというやり方がおすすめです。

まとめ

  • 自動車保険の保険料の内訳には保険金として支払われる純保険料と、保険会社のコストである付加保険料があります。
  • 通販型の自動車保険は代理店手数料や事務手数料がかからないため、代理店型よりも手数料がかからず割安です。保険内容の見直しや保障内容の選別をすれば、さらに保険料を割安にすることができます。
  • 自動車保険の一括見積もりサービスを利用すれば保険料の比較はもちろん、保険の見直しがしやすいので活用することがおすすめです。

【監修】高橋禎美

ファイナンシャルプランナー(CFP)、一種証券外務員。オレンジワイズ代表。
女性のマネーリテラシー向上を目標に、FPとして活動中。自身の経験をもとに女性に多い投資がこわい・わからないという「お金の初心者」に向けてマネー相談、相続相談、執筆、セミナーを開催。
大手アパレル会社に24年勤務し退社。経験を活かしてパーソナルカラー診断、骨格診断をベースにしたスタイリング提案で30、40代以上の女性に支持されている。お金もおしゃれも手に入れたい女性を応援している。

【監修】高橋禎美

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査