テレマティクス保険って何?

「テレマティクス保険」の誕生により、自動車保険は大きく変わってきています。かつては補償内容やゴールド免許かどうか、自動車をどれだけ利用するかなどによって保険料が決められていましたが、テレマティクス保険はITを導入し収集されたデータから保険料を決めていくというものです。

ここでは、テレマティクス保険と従来の自動車保険との違いやそのメリットとデメリットについて、詳しく解説します。

Chapter
テレマティクス保険と従来の自動車保険との違いは?
テレマティクス保険はどのような人にメリットがあるの?
テレマティクス保険のデメリットは?
まとめ

テレマティクス保険と従来の自動車保険との違いは?

テレマティクス保険の仕組み

従来の自動車保険は、契約をする際に補償内容や金額と同時に運転者の年齢や事故歴などに基づいて保険料が決められていました。そのため、契約をする際には複数の保険会社に申し込みをして、少しでも安い会社と契約をするという人が多かったと言われています。しかし、「テレマティクス保険」では従来までの要素に加え、「カーナビ」「ドライブレコーダー」などから運転に関する情報を収集しそれを分析することによって、保険料が決められるのです。

従来のの自動車保険では、運転者がどれだけ急ブレーキをかけたか、急ハンドルをどれだけしたかなどは保険会社が把握しにくいとされていたのですが、「テレマティクス保険」が導入されたことで、運転技術に関する要素がカーナビなどから把握できるようになりました。良い運転だと判断されれば保険料は安くなりますし、危険な運転が多いと判断されれば、保険料が高くなります。より詳細に保険料が設定できるようになったのです。

テレマティクス保険はどのような人にメリットがあるの?

テレマティクス保険はどのような人にメリットがあるの?

「テレマティクス保険」のメリットとして、保険料が抑えられる点があげられます。もっとも、保険料が安くなるのは安全運転をした場合に限られるので、危険運転を繰り返す運転者にとってはメリットに感じないかもしれません。

安全運転をして事故が起きにくいことで、保険会社が保険金を支払う可能性も少なく済み、保険料が安くなります。そのため、日ごろから安全運転を心掛けている運転者にとってはメリットになります。

また、「中古車販売店」で働く人にとってもメリットになるでしょう。なぜなら、カーナビやドライブレコーダーなどで情報を収集できることで、過去にどういった運転がされたのかなどを目で確認ができるからです。

中古車を売却をする際に、購入希望者に対して車の経歴を詳細に説明ができますので、売却後にトラブルに発展する可能性が少なくなります。購入者としても、よく分からない中古車よりも、経歴がはっきりしている中古車の方が購入しやすいでしょう。

テレマティクス保険のデメリットは?

テレマティクス保険のデメリットは?

「テレマティクス保険」にはいくつかのデメリットがあります。まずは保険に加入しない運転者が増加する可能性が挙げられます。日ごろから急ハンドルや急ブレーキをしている運転者は、テレマティクス保険の場合、高い保険料が課されることになります。高い保険料を避けるために、保険に加入しない運転者が増加する恐れがあるのです。

また、位置情報が保険会社に知られてしまうリスクもデメリットとして挙げられます。そもそもテレマティクス保険は、運転に関する情報を基本としているものなので、どうしても情報は保険会社に送られることになります。位置情報を知られたくないという運転者は加入しづらいでしょう。さらに、収集した情報が保険会社から流出し悪用されることも、絶対に無いとはいえないでしょう。

まとめ

  • テレマティクス保険によって、これまでの自動車保険よりも詳細に保険料が決められるようになりました。
  • テレマティクス保険には保険料を安くするために安全運転を心掛ける人が増加する可能性がある。
  • 高い保険料を避けるために保険に加入しない運転者の増加や個人情報の流出リスクといったデメリットがある。

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査