対人賠償保険とは?自賠責保険との違いとは

自動車保険の任意保険には様々な種類がありますが、任意保険の中でも対人補償保険はもっとも多くの方が利用している保険の一つです。
自動車を保有しているすべての人は、自賠責保険に加入する必要があります。自賠責保険によって対人補償を受けることはできますが、対人賠償保険は自賠責保険だけでは不足する分を補うための保険です。

対人補償保険に加入している方は多いですが、対人補償保険の内容や種類について詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回は対人補償保険について詳しく解説します。

Chapter
対人賠償保険と自賠責保険の違いとは?
対人賠償保険の補償は無制限につけるべき
「過失割合」で支払われる金額が大きく変わる
まとめ

対人賠償保険と自賠責保険の違いとは?

対人賠償保険とは?補償される範囲は

対人賠償保険は、名前の通り、人を対象にした補償を受けることができる保険です。対人賠償保険の補償対象になるのは事故の相手側です。

自賠責保険に加入していれば、交通事故を起こしてしまった際に相手方への賠償金が支払われますが、自賠責保険で補うことができる金額は決して十分とはいい切れません。
相手方が被った損害によって補償金額の上限が異なり、もっとも高額となる重度後遺障害でも被害者ひとりにつき4000万円までと決められています。

しかし、交通事故の被害者に支払う賠償金は億単位になるケースも決して珍しくありません。自賠責保険だけでは、必要な金額をすべて支払うのは非常に困難といわざるを得ないのです。
その点、対人賠償保険は支払金額を無制限に設定できるので賠償金が払えないというトラブルを避けることができます。対人賠償保険自賠責保険だけでは不足する補償をカバーする保険といえるのです。

交通事故は死亡や後遺障害などの重大な損失を招きます。賠償金が高額になるケースも多いため、十分に補償できる対人賠償保険は自動車保険においてもっとも重要な保険の一つと言えます。

対人賠償保険の補償は無制限につけるべき

対人賠償保険と自賠責保険の違い

重大な交通事故を起こしてしまい、相手方を死亡させてしまったり、重大な後遺障害が残ってしまうと、自賠責保険の補償だけでは補えないケースが非常に多くなります。(自賠責保険の場合、死亡事故の最大補償は、3000万円、後遺障害が残った場合は最大4000万円の補償)
被害の度合いによっては、1億円以上の賠償が必要なケースも決して珍しくありません。

つまり、対人賠償保険は交通事故の被害者を助けると同時に加害者がしっかり補償を支払えることを目的とした保険といえるのです。

対人賠償保険の上限補償額は無制限にすることが一般的です。
事故の際に支払う賠償金の上限を設定することも可能ですが、交通事故の際に賠償金を確実に支払うためには上限を設定しない、無制限プランにするのが最適な選択になります。

また対人賠償保険と一口にいっても、補償内容や保険料は保険会社によって大きく異なります。
特約によって補償対象や内容を充実させることができるケースもあるので、運転の目的や同乗者の有無など自身の運転スタイルにぴったりなプランを選ぶようにしましょう。

「過失割合」で支払われる金額が大きく変わる

「過失割合」で支払われる金額が大きく変わる

「対人賠償保険」で支払われる金額は事故の過失割合で変わる点を注意しなければいけません。似たような交通事故でも過失割合は状況によって異なります。

自動車保険は「過失相殺」の考えに基づいて賠償金が決められます。「過失相殺」は双方の過失の割合を照らし合わせて、その差額を支払う考え方です。交通事故は加害者側だけではなく、被害者側にも過失があるケースが少なくありません。被害者側に過失がある場合、被害者側の過失の割合を差し引いた分の賠償金を支払うことになります。

また、賠償金は「自賠責保険」で支払い、足りない分を「対人賠償保険」で支払います。加害者と被害者の過失割合が50対50で賠償金が1000万円の場合、加害者側が支払う金額は500万円になります。

また、その500万円はまず「自賠責保険」で支払い、不足分を「対人賠償保険」で支払う形になります。交通事故によって過失割合や支払う金額はそれぞれ異なるので、保険の契約プランをよく確認しながら保険会社と相談することが重要です。

ーーー

対人賠償保険で支払われる保険金は、事故の過失割合で変わります。自動車保険は過失相殺の考えに基づいて賠償金が決められる仕組みだからです。

過失相殺とは、双方の過失の割合を照らし合わせて、その差額を支払う考え方になります。交通事故は加害者側だけではなく、被害者側にも過失があるケースが少なくありません。そのような場合、被害者側の過失の割合を差し引いた分の賠償金を支払うことになります。

また、賠償金の支払いで優先されるのは自賠責保険です。自賠責保険の補償では足りない場合、対人賠償保険で差額を支払うことになります。
例えば、加害者と被害者の過失割合が50対50で賠償金が1000万円の場合、加害者側が支払う金額は500万円になります。その500万円はまず自賠責保険で支払い、不足分を対人賠償保険で支払う形になるのです。

交通事故によって過失割合や支払う金額はそれぞれ異なるので、保険の契約プランをよく確認しながら保険会社と相談することが重要です。

まとめ

  • 自動車保険の対人賠償保険は事故の際に支払う賠償金のうち、自賠責保険だけでは足りない分をカバーする目的があります。
  • 運転スタイルに合わせて補償プランを決めるのが、無駄のない充実した補償を受けるための秘訣です。
  • 過失割合によって支払う金額が変わることを踏まえ、すでに任意の自動車保険に加入している場合は補償内容を見直す必要があります。

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査