自動車保険の運転者年齢条件とは?

万が一の事故やトラブルの時に補償が受けられる自動車保険は、加入する人の「年齢」によって費用や補償内容が若干異なります。そのため、条件をしっかりと確認した上で最適なタイミングで加入や変更の手続きをすることが大切です。

ここでは、自動車保険の運転者年齢条件の説明をすると共に、条件の変更に適したタイミングについて、詳しく解説していきます。

Chapter
運転者の年齢条件とは
運転者の年齢範囲は?
年齢条件を変更するタイミングは?
まとめ

運転者の年齢条件とは

※保険会社によって異なる場合があります。

年齢条件補償範囲
全年齢補償運転される方の年齢に関係なく補償
21歳以上補償満21歳以上の方が運転する場合に補償
26歳以上補償満26歳以上の方が運転する場合に補償
30歳以上補償満30歳以上の方が運転する場合に補償
35歳以上補償満35歳以上の方が運転する場合に補償

等級を始め、自動車保険で割引が適用される制度はたくさんあります。運転者の年齢条件も割引が適用される制度です。

運転年齢条件とは、保険によって補償する範囲を年齢で限定する仕組みのことをいいます。保険会社によって内容に若干の違いはありますが、年齢設定を設けない「条件なし」にするか、一定の年齢ごとに区切った「運転者年齢条件」をつけるかのどちらかから選ぶのが基本です。

この制度の大きな特徴は保険料の違いで、保険料は過去の統計データに基づいて設定されています。
若年層の保険料が高めで年齢を重ねるほど安くなるのは、運転の経験が浅いほど事故を起こす確率が高いのが主な理由です。
設定を設けない条件で契約を結ぶ場合、年齢に関係なく同じ補償を受けることはできますが、保険料が高くなってしまいます。

また、年齢条件は契約内容によっては万が一のトラブルが起きた時に補償が適用される範囲が異なるのでしっかりと確認しておくことが大切です。
また、運転年齢条件は契約内容によって万が一のトラブルが起きた時に補償が適用される範囲が異なります。契約者との関係性などが影響することもあるのでしっかりと確認しておくことが大切です。

運転者の年齢範囲は?

運転者の年齢範囲は?

自動車保険の年齢条件制度は3区分と6区分の2種類が用意されています。3区分とは文字通り、全年齢補償、21歳以上、26歳以上の3段階で分けた条件です。

日本では車の運転免許は18歳からと法律で定められているため、21歳未満の人は全年齢補償に加入する形になります。年齢条件に限らず、自動車保険の適用は契約者の年齢で決定されるのが基本です。
そのため、26歳以上の契約を結んでいる加入者の車を血縁関係のない未成年が運転をして事故を起こしても26歳以上での補償が受けられます。

一方、6区分の場合、全年齢・21歳という部分は3区分の場合と同じですが、26歳以上の補償をさらに細かく区切ることでより使いやすくなっているのが特徴です。
6区分は30歳から70歳まで6段階に分かれています。とはいえ、必ずしも自分の年代に合わせなければいけないというわけではなく、契約の変更などは任意で行うことが可能です。

保険料は3区分、6区分共に全年齢が最も高めに設定されていて、年齢が上がるほど費用が安くなります。

運転者年齢条件 記名被保険者の年齢 保険料
年齢を問わず補償 -















21歳以上補償 -
26歳以上補償 30歳未満
30歳以上40歳未満
40歳以上50歳未満
50歳以上60歳未満
60歳以上70歳未満
70歳以上

年齢条件を変更するタイミングは?

年齢条件を変更するタイミングは?

任意保険の加入の途中で契約を変更する場合に注意しなくてはいけないのが、変更のタイミングです。
自動車保険の年齢条件の契約変更は、タイミング次第で保険料を大幅に節約することできます。

まず確認しておくべきなのは年齢です。
未成年は費用が最も高めに設定されている全年齢でしか契約できませんが、21歳の誕生日を迎えた時に21歳以上の補償に切り替えると保険料が安くなります。年齢条件を6区分で利用している人は、30代以降は40代、50代という節目の年齢で契約を変更すればその都度金額が下げることが可能です。

そのほか、年齢と共に見直しの最適といわれるタイミングに子供の独立があります。
加入者の中には、一つの車を家族で共有しているというケースも少なくありません。自身の子供が同居している場合、子供の年齢に合わせた設定にしないと子供が運転をして事故を起こした時に補償が受けられなくなるので注意が必要です。
しかし、独立をして別居をすると、契約内容次第で月々の保険料を抑えて子供も加入者の年齢と同じ補償が受けられるようになります。

上記の内容を踏まえて、自分に合った保険をタイミングに合わせて選択してみてください。

まとめ

  • 自動車保険の運転年齢条件は3区分と6区分の2種類が用意されていて、それぞれ契約できる年齢に違いがあります。
  • 年齢条件の保険料は若年層ほど高めに設定されていて、年齢を重ねるほど安くなる仕組みになっています。
  • 契約の変更は加入者の年齢だけでなく、子供の独立など家族の生活の変化が起きたタイミングで行うことも重要と言えます。

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査