年間走行距離から見る自動車保険の選び方

任意保険の保険料は、加入者の様々な事故のリスクを考慮して決定されています。保険料を決める具体的な項目には、運転者の年齢や範囲、運転歴、車の使用用途や車種など様々なものがあり、年間走行距離も保険料を決める重要な項目です。

今回は、走行距離によって変化する自動車保険の保険料の仕組みや、走行距離の設定方法、走行距離の申告方法について詳しく解説します。

Chapter
走行距離と保険料の関係
保険会社の走行距離の設定方法
走行距離の申告を誤ったら?
まとめ

走行距離と保険料の関係

走行距離と保険料の関係

年間走行距離は保険料の金額を決める大切な項目です。
年間走行距離が長ければ長いほど運転している時間が長くなるので、事故のリスクが上がると保険会社は考えます。反対に距離が短い人は運転する時間は短く、事故を起こすリスクは少ないと考えているのです。

走行距離 長い 短い
リスク 高い 低い
保険料 高い 安い

事故のリスクが上がれば保険会社は保険金を支払う機会も多くなるので、保険料も高く傾向があります。逆に走行距離が短ければ、保険金を支払う機会が少なくなると考えるため、保険料は安くなるのです。年間走行距離が短い人に対して割引を用意している保険会社もあります。

保険の仕組みの原則は加入者の平等です。年間走行距離が長く事故を起こす可能性が高いドライバーと年間走行距離が短く事故のリスクが低いドライバーの保険料が一緒では不公平になってしまうため、年間走行距離によって保険料に差がある形となっています。

また、走行距離に応じて保険料を変える仕組みを採用することで、事故のリスクが高い人は保険料に応じた補償を受けられるようになり、リスクが低い人は保険料を節約しながら加入することが出来るというメリットがあります。保険に加入していても無駄がなく、効率良く保険を利用することが出来るのが大きな魅力です。

保険会社の走行距離の設定方法

保険会社の走行距離の設定方法は2種類あり、前年度に走った距離から算出する方法と契約期間中にどのくらいの距離を走るのか予想する方法があります。

前年度の走行距離を測る方法

  測定方法
トリップメーター 区間の距離を確認し、そこから1年間の走行距離を出す
オドメーター 車の総走行距離を確認し、そこから1年間の走行距離を出す

前年度の走行距離を確かめるためにはトリップメーターやオドメーターが使われます。

トリップメーターは走行距離を測定するために車にあらかじめ備えつけられているもので、区間を調べられるのが特徴です。目的地に到着したときに距離を確認することができ、一定期間の走行距離から1年間の距離を計算するのです。

一方、オドメーターは総走行距離をチェックするもので、車が完成したときからの距離が分かります。1年間にどのくらい走ったのかメモすることで、数値を元に計算するやり方です。

これからの走行距離を予測する方法

走行距離の予想方法ですが、1日や1週間、1年間の走行距離から大体の距離を算出します

算出方法は保険会社によって異なりますが、1日あまり14km以内なら年間5000km未満、1日の走行距離が28km未満なら年間で5000kmから10000kmが目安です。1日あたり28kmを超えると、年間距離は10000km以上と判断されます。
しかし、保険会社によって走行距離による保険料の設定方法が異なるため、各社のホームページ等を見比べてみましょう。

参考:ソニー損保
https://www.sonysonpo.co.jp/auto/rates/arts000.html

参考:アクサダイレクト
https://www.axa-direct.co.jp/auto/faq/quotation/q01/09.html

走行距離の申告を誤ったら?

走行距離の申告を誤ったら?

自動車保険の走行距離は、見積もりなどのタイミングで年間走行距離を予測して申告することがほとんどです。
基本的に故意や過失に関わらず申告を誤ることは認められていませんが、走行距離は予測で申告するので当然誤差が出てくることがあります。例えば、たまたま旅行などで遠出をして距離が長くなってしまった、会社の異動によって通勤距離が長くなることも珍しくありません。

このような事態になったときには隠したりせずに、きちんと保険会社に申告するようにしましょう。報告をすると保険料が上乗せされるケースもありますが、これまでと同じように加入し続けることが可能です。

保険会社が問題だと見なすのは、隠している場合です。走行距離を上回っていることが事故発生時などに発覚してしまうと、契約に基づいた保険金を払えなくなることがあります。契約の内容によっては保険金の支払いを拒否されてしまうことがあるので注意しましょう。

まとめ

  • 走行距離によって自動車保険の保険料は変わります。
  • 距離の設定は車に設置されているメーターを使ったり、予測で決めて申告します。
  • 申告した走行距離を超えてしまったときには、すぐに保険会社に報告しましょう。

この記事をシェアする

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大8社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査