中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

200万円台で買う!おすすめ中古SUV3選

日産 エクストレイル

流行りの中古SUVのなかから、2023年11月現在、200万円台で購入できるSUVを3台ピックアップしました。

年式やグレード、そして走行距離などの個体の状態によって価格はかなり前後しますが、おおむね200万円台で買える中古SUVは、コンパクトクラスからミドルサイズが中心となっています。

Chapter
現実的な選択肢として考える200万円のSUV
悪路走破性の高さを享受できるスバル フォレスターは現行型も射程圏内
日産 エクストレイルは先代モデルの良好物件が狙える
日本での全面改良を見送ったスタイリッシュなトヨタ C-HR

現実的な選択肢として考える200万円のSUV

スバル XV

流行のSUVの新車は、200万円台がエントリー価格になっており、人気モデルになれば300万円から500万円台。諸費用含めた乗り出し価格は、300万円から600万円というのが相場です。

とはいえ300万円以上のクルマは家計に大きなインパクトとなり、おいそれと手が出せないという人も少なくないはず。

それでも流行りのSUVに乗りたいと考えているなら中古車市場に目を向けてみましょう。そこでは200万円台で満足できるイケてるSUVがゴロゴロ見つかります。

そのなかから、自動車ジャーナリストの塚田さんに、いまおすすめの3台をピックアップしていただきました。

悪路走破性の高さを享受できるスバル フォレスターは現行型も射程圏内

スバル フォレスター 5代目

全長4,640mm×全幅1,815mm×全高1,715mmというミドルサイズSUVのスバル フォレスターは、220mmという高めの最低地上高を備え、ラダーフレームのクロカン系4WDと遜色のないロードクリアランスが特徴です。

とはいえクロカン系4WDとは異なり、よじ登るような乗降姿勢にまでならないのも美点。

日常使いから、オートキャンプをはじめウインタースポーツやマリンスポーツなど、シーンを問わずストレスなく使えるユーティリティプレイヤーです。

200万円台で、走行距離2万km未満という低走行距離の現行型を見つけることができます。

人気グレードでおすすめなのは、2.0Lガソリン+モーターのハイブリッドを積む「Advance(アドバンス)」。

18インチタイヤ、先進安全装備のEyesight(アイサイト)も搭載。さらに運転支援の「アイサイトセイフティプラス」「ドライバーモニタリングシステム」も備わり、万がいちの事故への対応からドライバーサポートまで、ほぼ万全といえるグレードです。

日産 エクストレイルは先代モデルの良好物件が狙える

日産 エクストレイル

2022年に全面改良を受けたばかりの日産 エクストレイル。現行型も中古車市場にも出回りつつありますが、まだ400万円台〜500万円台が中心となっています。

そこで狙いたいのは先代のT32型エクストレイル、登録未使用車や低走行距離の物件も多く揃っています。

最低地上高は195mm〜205mmで、フォレスターほどではありませんがアウトドアでも十分なクリアランスを備えています。

なおエクストレイルは2列仕様と3列仕様を設定していますが、3列目は乗降性も考慮するとエマージェンシーの域は出ません。中古車市場に出まわっているのも圧倒的に2列仕様が多くなっています。

2017年6月にマイナーチェンジを受けてプロパイロットに対応するなど、先進安全装備やドライバーサポート機能も強化されています。

ベストチョイスは2020年1月の一部改良後モデルで、「20Xi」と「20Xi HYBRID」はプロパイロットの精度向上など先進安全装備のアップデートが盛り込まれています。

パワートレーン別では、2.0Lの純ガソリンエンジン仕様の比率が高く、「20 Xi」を軸に探すのがいいでしょう。

日本での全面改良を見送ったスタイリッシュなトヨタ C-HR

トヨタ C-HR

40プリウスに続き、TNGA第2弾として発売されたトヨタ C-HRは、コンパクトSUVを代表するヒット作になりました。

後方の視認性など、トヨタ基準を満たしつつも”攻めた”スタイリングは、近年のトヨタ車のなかでもインパクトがあり、ドレスアップのベース車としても絶大な人気を誇っています

街乗りを想定したシティ型SUVで、後席が狭いという声も聞こえてきましたが、じつは座ってみると、シートサイズや足元、頭上空間が極端に狭いワケではありません。

反面、後席は着座位置が低いのと、クーペ風味のデザインなどにより若干閉塞感があるのも事実。それでも子どもが2人いる家族でも十分に使える居住性や積載性は確保されています。

人気車種だけに物件数、つまり選択肢が多く残っているのも美点。2020年8月の一部改良でToyota Safety Sense(トヨタ・セーフティ・センス)がアップデートされ、衝突被害軽減ブレーキや緊急時操舵支援機能、車線維持機能などの採用、機能強化が盛り込まれていてます。

パワートレーンは、1.8Lハイブリッドを中心に1.2Lガソリンターボも設定。燃費重視であれば前者を、軽快な走りであれば後者を選択すると良いでしょう。

先述したように、ドレスアップ済みの個体も多く、好みに合えば指名するのもアリですが、普段使いやキャンプなどのレジャーでも使うのであれば、ノーマルの個体がおすすめです。

マツダ CX-5 2代目

200万円台の予算は、年式や駆動方式にこだわらなければ輸入SUVも選択肢に入ってきますし、国産メーカーならミドルクラスの人気モデルが200万円台前半で狙えます。

ここで紹介したモデルはそのなかの一部で、中古車市場にはまだまだ掘出し物が埋もれています。気になる方はぜひ検索してみましょう!

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2024.03.01UP

デイリーランキング

2024.03.01UP

最新記事