中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古でトヨタ・ラクティスを買うならこの車種がオススメ!

トヨタ・ヴィッツから派生したラクティスは、背高系のコンパクトカー(トールワゴン)です。2005年誕生の初代、2010年登場の2代目で姿を消しました。

ファンカーゴの後継的存在であり、ヴィッツなどのベーシックなコンパクトカーよりも居住性、積載性が向上しているのが最大の特徴です。

Chapter
ヴィッツ派生のファンカーゴのバトンを受け継いだ背高系コンパクト
使い勝手に優れたラゲッジと開放感のあるキャビンが魅力

ヴィッツ派生のファンカーゴのバトンを受け継いだ背高系コンパクト

トヨタ ラクティス 初代

初代トヨタ・ラクティスは、初代ヴィッツから派生したファンカーゴの後を受け継ぐ形で、2005年10月にデビューを果たします。前任者のファンカーゴは、たくさん積めることはもちろん、車中泊やオートキャンプなど遊びグルマとして提案されました。

ラクティスは、「高速大容量スタイリング」をテーマに掲げ、広いキャビンやラゲッジはもちろん、パドルシフトが備わる7速スポーツシーケンシャルシフトマチックやCVT スポーツモードなどからなるACTIVE CVTを採用することで、軽快感のある走行フィールを実現。
チーフエンジニアを務めた多田哲哉さんは、後に初代86の開発主査として86ファンからよく知られた存在です。

トヨタ ラクティス 初代

この頃のコンパクトカーは、日産キューブ、ホンダ・フィットなどのヒット作があり、2008年にはホンダ・フリードが登場します。
コンパクトカー全盛期ともいえる多彩なバリエーションがある中で、ラクティスは登場時に好調なスタートを切るものの、ライバルとの激しい競争にもさらされていました。

初代のタマ数は、この年代としては中古車市場に比較的多く残っています。目を惹くのは、トヨタの「ウェルキャブ」シリーズといわれる福祉車両で、居住性の高さを物語っているともいえるでしょう。
ただし、登場時から約17年もの年月を経ているのと、初代も2代目も衝突被害軽減ブレーキは設定されていません。こうした点を織り込み済みで購入する必要があります。

使い勝手に優れたラゲッジと開放感のあるキャビンが魅力

トヨタ ラクティス 2代目

2010年11月に全面改良を受けた2代目は、全長3995×全幅1695×全高1585mmという全長4mを切る5ナンバー枠のコンパクトサイズで、取り回しの良さを維持。
さらに、全高を約50mm下げながらも室内幅を40mm拡幅することで、居住性を実質的に高めています。6対4分割可倒式の後席は、荷室側面にあるレバーで前倒しの操作ができるなど、使い勝手の向上も盛り込まれていました。

パワートレーンは、1.3Lと1.5LエンジンにCVTの組み合わせで、後者にはスポーティな走りを引き出すACTIVE CVTが採用されています。

トヨタ ラクティス 2代目 2014 マイナーチェンジ

また、2014年10月にマイナーチェンジを受け、洗練された内外装にリフレッシュされたほか、燃費の向上も盛り込まれています。
さらに、初代と同様に「ウェルキャブ」シリーズも設定されているのが特徴で、現在も個人ニーズはもちろん、送迎用などの法人ニーズも満たしていて、狭い住宅街などで活躍しています。

2代目は、初代よりも物件数が倍以上になり、選択肢が増えます。スマートキー(キーレス)システムなどあると便利な仕様も多く出回っていて、走行距離の短い個体も多く残っているのも2代目のうれしい点。
さらに、「ウェルキャブ」シリーズも数多く中古車市場に流れているようで、車いす仕様、助手席リフトアップ仕様など個人、法人のニーズを満たしてくれるコンパクトカーです。

トヨタ ラクティス 2代目

背高系のコンパクトカーは、ホンダ・フリードとトヨタ・シエンタというミニミニバンの人気が年々高まり、現在までその流れは変わっていません。
こうした事情もあり、ラクティスは2代目で新車カタログから落ちたものの、狭い道路や駐車場事情でも応えてくれる取り回しの良さが美点です。

先述したように、ベーシックなコンパクトカーよりも居住性、積載性も優れるため、ボディサイズの割に広い2列シートのコンパクトカーを探しているのなら選択肢に入れたい1台といえるでしょう。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

ラクティス記事デイリーランキング

2022.07.02UP

デイリーランキング

2022.07.02UP

最新記事