中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

中古でメルセデス・ベンツのCクラスを買うならこの車種がオススメ!

メルセデス・ベンツの看板モデルであるCクラスは、セダンを中心にステーションワゴン、クーペかカブリオレといった多彩なボディバリエーションを誇っています。

ここでは、人気のセダンを中心に、狙い目の中古車を探っていきます。

Chapter
現行(新型)Cクラスの中古車物件はまだほとんどなく、先代が狙い目
コンパクトサイズで取り回ししやすい先々代のW204型

現行(新型)Cクラスの中古車物件はまだほとんどなく、先代が狙い目

メルセデス・ベンツ Cクラス 5代目

コロナ禍に加えて、半導体などの部品不足が世界中の自動車メーカーの生産に影響を与えています。
新車の発売やデリバリーの開始などにも影響を与えていて、Cクラスもこうした状況とは無縁というわけにはいかないようです。

5代目の新型Cクラスは、2021年6月に日本で発表されました。筆者も2021年に試乗していますが、2022年に入ってからも新型Cクラスの宣伝などがSNSで頻繁に行われています。
新型の再ブーストをかけている日本法人によると、先述したような影響も多少落ち着き、新型を積んだ船が日本に本格的に上陸しつつあるという事情もあるようです。

メルセデス・ベンツ Cクラス 4代目

さて、新型は実質的に上陸したばかりなので、中古で狙うとなると、先代のW205も含めた前のモデルということになります。
2014年7月にデビューを飾ったW205型Cクラスは、俊敏性と知性を意味する「アジリティ&インテリジェンス」を掲げて登場。
ホワイトボディ(塗装する前の素のボディ)で約70kgものダイエットを敢行し、軽快な乗り味を実現しています。
俊敏性というと、ライバルのBMW3シリーズを想起させる方も多いでしょうが、先代Cクラスは明確にそうした方針を示していました。

一方で、やや乗り心地は硬めという印象。操縦安定性と乗り味とのバランスに配慮しながらも新しいCクラス像を提案しています。

メルセデス・ベンツ Cクラス 4代目

予算が許せば、2018年7月にビッグマイナーチェンジを受けたモデルがオススメ。1.5Lエンジンは48Vマイルドハイブリッド化が盛り込まれ、2.0Lディーゼルは高出力化と静粛性の向上などを実現しています。
当時、最新の先進安全装備も用意されていて、高速道路でウインカーを出すと自動的に車線変更する機能なども盛り込まれています。

動力性能は、1.5Lの直列4気筒ターボでもまさに必要十分で、ロングドライブの多い方であれば2.0Lディーゼルがオススメです。「AMG」グレードとして、3.0L V6、4.0L V8ツインターボなどのハイスペックモデルも用意されています。
なお、セダンだけでなく、多くの荷物に対応するステーションワゴン2ドアクーペカブリオレも先代Cクラスには設定されています。

コンパクトサイズで取り回ししやすい先々代のW204型

メルセデス・ベンツ Cクラス 3代目 C350

2007年6月発売の先々代となるW204型になると、中古車市場での物件数はかなり減ってきます。
比較的シンプルなエクステリア、1.8mに収まる全幅により、今見ると比較的コンパクトに映ります。最小回転半径は5.1mと取り回しのしやすさが美点です。

なお、後期型には衝突被害軽減ブレーキの「レーダーセーフティパッケージ」が標準化されていますので、できればW204型を狙う際でも同パッケージ装着車を選択したいところです。

メルセデス・ベンツ Cクラス 3代目 C63 AMG

W204型にも多彩なパワートレーンが設定されています。街乗り中心であれば、1.8L直列4気筒ガソリンターボのC180系でも不足はないはず。

もう少し余力が欲しければ同じく1.8LターボのC200系、3.5L V6を積むC350系、6.2L V6を積むモンスターモデルのC63 AMGも設定されています。
なお、W204はセダンのほか、多くの荷物にも対応するステーションワゴンも設定されています。

メルセデス・ベンツ Cクラス 4代目 2018マイナーチェンジ

涙目のヘッドライトが印象的だった2000年登場のW203となると、かなり物件数は少なく、本命は先代のW205、次に先々代のW204を狙うのが王道といえそうです。

W205にもほとんど走行していないようないわゆる未登録車や新古車のようなモデルも散見されますので、優良物件と出会える可能性も高そう。
W204型の物件では、走行距離が比較的短く、しかもかなり値落ち(年代的にもちろん値落ちが激しい)している掘り出し物もありそうです。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。
自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

おすすめ記事デイリーランキング

2022.10.03UP

デイリーランキング

2022.10.03UP

最新記事