中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

ヴァンガード(トヨタ) モデルチェンジ情報

ヴァンガードは、トヨタ自動車が製造・販売していたクロスオーバーSUVです。2007年まで販売されていたクロスオーバーSUVのクルーガーの後継車であり、日本国外で販売されているクロスオーバーSUV、RAV4のロングモデルともなっています。

「アクティブ&ラグジュアリー」、「高級クロスオーバーSUV」をコンセプトに開発されましたが、豪華な装飾だけを施こして高級を求めるのではなく、「質」「機能」「装備」を高めて高級感を訴求した車種でした。

Chapter
モデルチェンジの歴史・略年表
初代(XA33W/38W型・2007年〜2013年)解説
今後のフルモデルチェンジ予定
まとめ

モデルチェンジの歴史・略年表

2007年 初代発売
2010年 マイナーチェンジ
2013年 販売終了

初代(XA33W/38W型・2007年〜2013年)解説

トヨタ ヴァンガード

外装

前任車のクルーガー(全長4,690mm)と比べると、全長は4,570mmと一回り以上短くなっており、同じく3列シート・7人乗りを設定していた初代三菱・アウトランダー(全長4,640mm)や2列シート・5人乗りの設定のみとなっている2代目日産・エクストレイル(全長4,590mm)と比べてもさらに短くなっています。

全長 全幅 全高
4570mm 1815mm 1685mm

インテリア/装備

室内長でもクルーガーVの2,645mm(7人乗り)や初代アウトランダーの2,515mm(同)と比べると2,445mmと短くなっており、小型ミニバンのパッソセッテ/ダイハツ・ブーンルミナスの2,550mmやシエンタの2,515mmよりも短く、3列目シートはあくまで非常用と捉えられていました。

スマートエントリー&スタートシステム、大径オプティトロンメーター、左右独立温度コントロールフルオートエアコン(花粉除去モード付)などを装備し、走破性はパワー・ステアリング・ブレーキを協調制御する「S-VSC+アクティブトルクコントロール4WD協調制御」、坂道発進時に車両のずり落ちを防止するヒルスタートアシストコントロール&ダウンヒルアシストコントロール(DAC)制御を全車に標準装備しています。

室内長 室内幅 室内高
1885mm 1495mm 1240mm

走行性能/燃費性能

エンジンは、2.4L 直列4気筒の2AZ-FE型、3.5L V型6気筒の2GR-FE型が搭載されていました。

最高出力は125kW、最大トルクは224Nm、燃費性能は12.6km/Lとなっています。

マイナーチェンジ(前/後の変化について)

ヴァンガードは、2010年にマイナーチェンジが行われています。

主にフロント周り・アルミホイールのデザイン変更を行っており、サイドプロテクションモールやリアコンビネーションランプにメッキ加飾を施しました。
内装面でもステアリングやホイールのデザイン変更を行い、パドルシフト(2.4L車のみ)やステアリング・ホイール・スイッチを採用して操作性を向上しました。

特別仕様車

トヨタ ヴァンガード 特別仕様車

・240S S Package・ALCANTARA Limited(2012年)
S Packageの装備に加え、フードモール&フロントグリル、サイドプロテクションモール、バックドアガーニッシュにメッキ加飾、アルミホイールにグレーメタリック塗装を施すとともに、アルカンターラ表皮のシート・センターコンソールボックス、本革巻き3本スポークステアリング・ホイールにオレンジステッチを、シフトノブ・シフトパネル、ドアスイッチベースなどに専用黒木目調加飾をそれぞれ施した特別仕様車です。

各グレードについて

・240S
2.4L 直列4気筒エンジンを搭載したグレードです。

・240S Gパッケージ
240Sに表皮を本革+アルカンターラ(スエード調人工皮革)にした、シートヒーター付マルチアジャスタブルパワーシートを採用したグレードです。

・350S
・350S Gパッケージ

ヴァンガードのグレード一覧・カタログ

車選びドットコムのヴァンガード(トヨタ)の自動車カタログはこちら

ライバル車との比較

クロスオーバーSUVのライバル車としてよくあげられるのが、日産・エクストレイルです。そこで、両車種の仕様を比較してみます。

なお、ヴァンガードは2012年が最終モデルとなりますので、両車種の2012年モデルで比較してみます。また、エクストレイルはディーゼルとガソリン車がありますが、今回はガソリン車同士で比較しています。

日産・エクストレイル

日産 エクストレイル

価格帯はエクストレイルのほうが安いです。
全長、室内長はエクストレイルのほうが長いですが、全幅、室内幅についてはヴァンガードのほうが広いです。
エンジン容量が異なるので単純比較はできませんが、出力については両車種同じで、トルクはエクストレイルのほうが大きく、燃費性能はヴァンガードが優れています。
燃費性能はヴァンガードのほうがいいものの、両車種の価格差を埋めるほどのものではなく、総合的に見ればエクストレイルのほうが優れていると言えるでしょう。

ただし、ヴァンガードはコンセプトはゴージャスさであり、インテリアはそれを反映したものとなっています。インテリアや装備に魅力を感じるということであればヴァンガードを選択するという方も多いかもしれません。

今後のフルモデルチェンジ予定

ヴァンガードはすでに生産・販売終了していますので、フルモデルチェンジの予定もありません。

まとめ

ヴァンガードは、その高級感と3列シートタイプもある使い勝手のよさ、そして、他車種との部品共通化による低コスト化のため人気車種となりました。

2013年には生産、販売終了となりましたが、世界的にクロスオーバーSUVが人気となったこともあり、トヨタのクロスオーバーSUV看板車種は、ヴァンガードからハリアー、そして、2016年に登場したCH-Rへと受け継がれています。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

デイリーランキング

2022.01.23UP

最新記事