中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

パレット(スズキ) モデルチェンジ情報

スズキ・パレットは、軽のトールワゴンという新ジャンルの開拓に成功したダイハツのタントに対抗して開発・販売された、スズキの軽トールワゴンです。
ゆとりある室内空間を実現する革新パッケージングを採用し、軽自動車本来の使いやすさや経済性を活かしながら、小さなクルマを大きく使う様々な工夫を盛り込んだクルマでした。

携帯リモコンを身に付けていれば、ブレーキを踏んでスイッチを押すだけでエンジン始動が可能なキーレスプッシュスタートシステムや、スモークガラス、セキュリティアラームシステム、保冷機能付助手席アッパーボックスを全グレード標準搭載し、充実した装備が売りの車でしたが、2013年に生産終了しました。

現在は、同じく軽トールワゴンであるスペーシアがパレットの後継車種として生産されています。

Chapter
モデルチェンジの歴史・略年表
初代(MK21S型・2008年〜2013年) 解説
ライバル車との比較
今後のフルモデルチェンジ予定
まとめ

モデルチェンジの歴史・略年表

スズキ パレット

2008年 初代発売
2013年 生産・販売終了

初代(MK21S型・2008年〜2013年) 解説

スズキ パレット

外観

ゆとりある室内空間を実現するため、革新パッケージングを採用。
ホイールベース2,400mmの新設計プラットフォームを採用したほか、発売当初はロングホイールベース化により室内長2,025mmを実現しました。

全長 全幅 全高
3395mm 1475mm 1735mm

インテリア/装備

スズキ パレット

ボンネット型軽乗用車クラスとしては初となる、左右どちらからでも乗り降りできる後席両側スライドドアを装備しています。

スズキ パレット

また、新開発の低床プラットフォームと後席ダイブダウンシートの採用により、大開口かつ大容量の荷室を実現し積載性を高めています。

室内長 室内幅 室内高
2070mm 1280mm 1365mm

走行性能/燃費性能

エンジンは直列3気筒、DOHC12バルブVVTです。
最高出力は40Kw、最大トルクは63Nm、燃費性能は20.8Km/Lとなっています。

安全性能

スズキ パレット インテリア

運転席と助手席にエアバッグ、EBD付ABS、ブレーキアシストを備えています。

マイナーチェンジ(前/後の変化について)

スズキ・パレットは、生産終了までマイナーチェンジは行われませんでした。

特別仕様車

スズキ パレット 特別仕様車

・G リミテッド(2008年)
「G」をベースに、キーレスプッシュスタートシステム、半ドア状態から自動で全閉するスライドドアイージークローザー、専用CDプレーヤー、撥水加工ファブリックシートなどを装備した特別仕様車です。

スズキ パレット 特別仕様車

・リミテッド(2010年)
「L」をベースに、後席左側(助手席側)パワースライドドア、ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付)、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、メッキグリル、撥水加工済み専用ファブリックシート表皮、専用ドアトリムクロス、オートライトシステムを装備した充実仕様のモデルです。
ベース車では設定できないバックモニター付CDプレーヤーのオプション設定も可能。ボディカラーは専用色の「シャーベットオレンジメタリック」を含む6色を設定した特別仕様車です。

スズキ パレット 特別仕様車

・SW リミテッド(2010年)
「SW XS」をベースに、スケルトンタイプのフロントグリルとヘッドランプをブラックメッキに、アルミホイールをガンメタリック塗装にそれぞれ変更し、オーディオスイッチ付本革巻ステアリングホイール、8スピーカーを装備。
さらに、シート表皮には紫のステッチとアクセントラインを施した特別仕様車です。

スズキ パレット 特別仕様車

・リミテッドII(2011年)
「SW TS」と同じ後席両側パワースライドドア(挟み込み防止機構付)を装備するとともに、従来の「リミテッド」と同等の特別装備を備えた特別仕様車です。

スズキ パレット 特別仕様車

・SW リミテッドII(2011年)
従来の「リミテッド」と同等の特別装備を備えているほか、シート表皮をセーレンの「ラックススエード」に、ステッチ色もシルバーに変更した特別仕様車です。

スズキ パレット 特別仕様車

・ISセレクション(2012年)
「L」の2WD車をベースに、アイドリングストップシステム、後席左側(助手席側)パワースライドドア、フロントメッキグリル、フルオートエアコン(抗アレルゲン+カテキン・エアフィルター付)等を装備し、ブラウン基調の撥水加工ファブリックシート表皮・ドアトリムクロスを採用した特別仕様車です。

各グレードについて

・G
標準グレードです。

・X
サイドエアバッグやキーレスプッシュスタートシステムなど充実装備のグレードです。

・XS
フルエアロパーツを装着し、ディスチャージヘッドランプや6スピーカーなど快適装備を搭載したグレードです。

・T
ターボエンジン搭載のグレードです。

・TS
ハイグレードサウンドシステムやカーテンエアバッグを装備するグレードです。

パレットのグレード一覧・カタログ

車選びドットコムのパレット(スズキ)の自動車カタログはこちら

ライバル車との比較

軽トールワゴンという新ジャンルを切り開いて成功したダイハツ・タントの対抗車種として生まれたという経緯から、スズキ・パレットのライバル車種はやはりダイハツ・タントです。
そこで両車種を比較してみます。

ダイハツ・タント

ダイハツ タント

価格帯はスズキ・パレットの方が低く始まり、また最高価格もタントよりも大幅に安いです。
ボディサイズは両車種ともほぼ同じですが、室内空間はタントのほうが広くなっています。カラーバリエーションもタントのほうが豊富です。
エンジン性能は、出力・トルクは微差でパレットのほうが高いですが、燃費性能はタントのほうが優秀。
安全装備面については、自動ブレーキの安全装備のパッケージ、スマートアシストⅢを搭載したタントがより充実しています。

以上、価格差はあるとはいえ、広い室内空間、燃費性能そして安全装備の充実度から、ダイハツ・タントが総じて優れていると言えます。


スズキ・パレットダイハツ・タント
新車価格帯120.7~149.4万円122.0~187.3万円
全長×全幅×全高3395×1475×1735mm3395×1475×1750mm
室内長×室内高×室内幅2070×1280×1365mm2200×1350×1365mm
カラーバリエーション610
最高出力40Kw38Kw
最大トルク63Nm60Nm
燃費性能20.8Km/L28.0Km/L
安全性能EBD付ABS、エアバッグなどスマートアシストⅢ

今後のフルモデルチェンジ予定

既に生産終了しているため、フルモデルチェンジの予定はありません。

まとめ

軽自動車とは思えない広い室内空間から、軽のトールワゴンは人気のボディタイプとなり、ダイハツのタントだけでなく、ホンダ・N-BOXなどが参入しました。
スズキ・パレットは激しく市場シェアを争いましたが、スペック的にタントに見劣りしたことが原因だったのか、2013年に販売終了となりました。

しかし、その反省から軽自動車の規格枠をフルに使った新型車の開発に取り組んで作られた後継車種のスペーシアは、軽ハイトワゴンの屈指の人気車種となっています。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

パレット記事デイリーランキング

2022.12.02UP

デイリーランキング

2022.12.02UP

最新記事