中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

パッソ(トヨタ) モデルチェンジ情報

パッソ(PASSO)は、トヨタ自動車が販売するハッチバック型コンパクトカーです。発表当時はトヨタが販売する最小の乗用車でした。

初代と2代目はダイハツ工業と共同開発され、企画とマーケティングはトヨタが担当し、設計と開発や生産はダイハツが行いました。ダイハツでは「ブーン」として販売されています。

ライバル車との比較

コンパクトカーのトヨタ・パッソのライバル車として名前があがるのが、日産・マーチです。
そこで、両車種の価格や機能などを比較してみます。

日産・マーチ

日産 マーチ

新車価格帯は、最安グレードはほぼ同価格ですが、最高グレードはパッソのほうが高くなります。
ボディサイズは全長はマーチのほうが長いにもかかわらず、室内空間はパッソのほうが広くなります。
出力、トルクともマーチのほうが優れていますが、燃費性能はパッソのほうが高いです。
また、パッソには、衝突回避支援システムを搭載しているグレードがありますが、マーチにはありません。

以上のことから、走行性能を重視するという方はマーチを、広い室内空間や燃費性能、安全性能を重視するという方はパッソを選ぶべきということになるでしょう。

  トヨタ・パッソ 日産・マーチ
新車価格帯 115.0~183.0万円 115.1~175.3万円
全長×全幅×全高 3650×1665×1525mm 3825×1665×1515mm
室内長×室内幅×室内高 1975×1420×1270mm 1905×1370×1270mm
最高出力 51kW 58kW
最大トルク 92Nm 106Nm
燃費性能 28.0Km/L 21.4Km/L
安全性能 一部グレードに衝突回避支援システムあり 衝突回避支援システムなし

今後のフルモデルチェンジ予定

2021年8月現在フルモデルチェンジ情報は公式発表されていませんが、現行型の登場が2016年のため、そろそろモデルチェンジが行われるのではないかと予想されています。

まとめ

日本では初めてとなる共同開発車であるパッソは、トヨタとダイハツの強みをあわせたことで現在もコンパクトカー市場での人気車種となっています。
トヨタのコンパクトカーの看板車種であるヴィッツよりもさらに小さく、エントリーカーとして、女性向けの車として人気になりました。

トヨタにとっては、初心者、若い女性向けの車は強みのあるカテゴリーとは言えませんでしたが、軽自動車メーカーのダイハツと組むことで、これまでのトヨタ車のイメージを変えるクルマを作ったと言えます。

現状モデルには、定評のある予防安全システム「スマートアシストⅢ」も導入され、運転に苦手意識をもちやすい若い女性ドライバーのニーズにもしっかりと応えたクルマとなっています。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部
4/4
次へ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

パッソ記事デイリーランキング

2023.02.05UP

デイリーランキング

2023.02.05UP

最新記事