中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

ミライース(ダイハツ) モデルチェンジ情報

ミライースは、ダイハツの看板車種であるミラシリーズの軽セダンです。
燃費性能の良さと低価格を求めるユーザーの増加を受けて、「第3のエコカー」というコンセプトのもと開発されました。

低価格と燃費性能の高さを実現するために採用されたのが「イーステクノロジー」で、既存の技術や装備を徹底的に見直すことで、価格を抑えつつ燃費性能が従来比40%も向上することに成功しました。

こうしたことを受けて、ミラシリーズの中ではもっとも売れ筋のクルマとなり、軽自動車で年間販売台数1位にもなったクルマとなりました。

競合車との比較

ダイハツ・ミライースのライバル車といえば、軽自動車界のもう一方の雄、スズキのアルトです。ボディタイプは同じ軽セダンというカテゴリです。
スズキ アルト、そしてダイハツ ミラは長年の間、激しく競争してきましたが、アルトがモデルチェンジのたびに燃費性能を向上してきたのに対抗して、ダイハツはミライースを開発したという経緯があります。

スズキ・アルトとダイハツ・ミライースを比較してみましょう。

スズキ・アルト

スズキ アルト 8代目

仕様では、両車種ともほぼ互角と言えます。各項目についてわずかに差異がありますが、その違いをどこまで気にするかということでしょう。

価格帯はダイハツ ミライースのほうがスズキ アルトより幅が広いです。
室内空間の広さはダイハツ ミライースのほうが室内幅で100mm、室内高で30mmほど高いので、ミライースのほうがゆとりのある空間と言えます。
走行性能は、スズキ アルトのほうが僅差ですがわずかに高いです。
そして両者が激しく競争してきた燃費性能ですが、スズキ アルトのほうが若干高いですが、ガソリン車でハイブリッド車並みの優れた燃費性能を実現していると言えるでしょう。
安全性能はどちらも、先進的予防安全装備を備えています。

仕様上は両車種ともほぼ互角です。
内外装のデザイン、そして実際に試乗してみて自分にあった走りのフィーリングで決めるということになるでしょう。

  ダイハツ・ミライース スズキ・アルト
希望小売価格 77万~132万 85万~125万
カラーバリエーション 11色 11色
全長×全幅×全高(mm) 3395 × 1475 × 1490 3395 × 1475× 1500
室内長×室内幅×室内高(mm) 2000(1920)×1350×1240 2040(1985)×1255×1215
最高出力 36Kw 38Kw
最大トルク 57Nm 63Nm
燃費性能 32.2~35.2Km/L 33.2~37Km/L
主な安全装備 「スマートアシストⅢ」
自動ブレーキ
誤発進抑制など
「スズキ セーフティサポート」
自動ブレーキ
誤発進抑制など

今後のフルモデルチェンジ予定

2021年現在、次のフルモデルチェンジ時期は発表されていません。

まとめ

ハイブリッドカーのような新しくかつ高価な技術を導入することなく、従来の技術を磨き上げて、ハイブリッドカー並の高い燃費性能と低価格を実現させたミライースは、発売後またたく間に人気車種となり、現在も人気が高い軽自動車です。
しかし、ライバルとなるスズキも負けておらず、両社は常に技術の向上につとめて、燃費性能をはじめ改善を重ね、ユーザーに素晴らしい軽自動車を届けてきました。

ダイハツ ミライースが今後もどのようなコストパフォーマンスの高い軽自動車を見せてくれるのか、期待されます。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部
3/3
次へ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

ミライース記事デイリーランキング

2021.12.01UP

デイリーランキング

2021.12.01UP

最新記事