中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

車を買い替えるタイミングはいつがおすすめ?買い替えのベストな時期や事前にやっておくべきことも紹介

一般的に車は5年から10年所有したら買い替えを検討する場合が多いです。何年も車を所有すると維持費が高くなってしまったり、車の状態を定期的に見なくてはならなくなるので、手間や時間が何倍にもかかってしまいます。

今回は、車を買い替えるタイミングやベストな時期について紹介します。かなりの年数乗り続けている車であれば、この記事を参考に、新しい車の購入を検討してみましょう。

Chapter
車の買い替えの時期はいつが良い?
おすすめしたい車の買い替えタイミング
車を乗り続けるか、買い替えるかの見極め方
お気に入りの車に長く乗るコツとは?
車を買い替える前にやっておくべきこと
何年も乗った車は買い替えや乗り換えを検討しよう

車の買い替えの時期はいつが良い?

中古車 比較

車を通勤や通学で運転している人で、購入して何年後に買い換えれば良いのか迷われている人も多いのではないでしょうか。
財団法人自動車検査登録協会の統計によると、平成15年の自動車の平均寿命は家庭用の普通乗用車で6年から9年、業務などに使う貨物乗用車は8年から10年となっており、用途にもよりますが買い替えのタイミングは通常、10年から11年ほどとなっています。

出典:財団法人 日本自動車検査登録協会
参照:https://www.airia.or.jp/publish/file/e49tph00000004nb-att/e49tph00000004ni.pdf

そもそも車の寿命は何年?

車の買い替えを検討するきっかけを作るためにも、自動車自体の寿命を知っておくことは大切なことです。
さきほどの自動車検査登録協会の統計にもある通り、自家用車として使用する場合も業務用として使用する車も、平均寿命は10年から11年となっているため、購入して10年を越えたら点検し、車を買い換えるべきか検討する必要があります。

出典:財団法人 日本自動車検査登録協会
参照:https://www.airia.or.jp/publish/file/e49tph00000004nb-att/e49tph00000004ni.pdf

おすすめしたい車の買い替えタイミング

車売却 タイミング カレンダー

車を運転している人の中には、どのタイミングで新しい自動車に買い替えるべきか判断しづらい人も多いのではないでしょうか。
車の心臓部であるエンジン系統に不具合が出てしまうと正常に作動させるために多額の修理費用が掛かり、走行距離が10万kmを超えてしまうと車のさまざまな箇所に不調が出てしまうので、それらの目安が買い替えのタイミングです。

ここでは、車を買い替える際のおすすめのタイミングについて紹介していきます。

車検前

車を買い替えるおすすめのタイミングとして、車検の前が挙げられます。一般的に車検にかかった金額以上に査定額が高くなることはないとされています。
また、買い替える車両・時期によっては、売却前の車の車検代を支払った後、さらに購入した車の車検代を支払う場合もあるため、車検に出す前に買い替えをする人が多くなっています。

決算期前

買取を行う業者やディーラーは決算が3月と9月の年に2回行われています。店舗ごとで販売目標があり、決済月までの目標達成を目指しているため、より多くの車を売らなければなりません。そのため、このタイミングで買い替えをすると、実績を伸ばすために、通常よりも安価に購入することができるということになります。

ここで注意したいのが、必ず”直前”というタイミングを逃さないことです。業者やディーラーの実績は、基本的に納車後に購入の登録が行われるため、納車完了が決算月前となるように買い替えるとベストなタイミングとなるでしょう。決算月直前の買い替えは、”納車完了”を念頭に準備を進めておきましょう。

走行距離10万㎞超えたタイミング

車を買い替えるおすすめのタイミングの3点目に、走行距離が10万kmを超えたときが挙げられます。
車の総走行距離が10万kmを超えてしまうとエンジンを中心にさまざまな箇所に異常が見られ始めるようになるので、車を正常に走行させていくための消耗品を取り替えても車自体の劣化を止めることができない場合があります。

メーカー保証の終了時期

車を買い替えるおすすめのタイミングの4点目に、メーカー保証が終わるときが挙げられます。
新車を購入した際、3年間はメーカーの保証を受けることができますが、3年以内に総走行距離が6万kmを超えてしまうと通常の保証を受けることができなくなるので、修理してもらおうとしても費用がかさんでしまうことがあるでしょう。

そのため、メーカー保証が終わった際がベストな買い替え時期だと判断することができます。

車に不具合が発生した場合

車を買い替えるおすすめのタイミングの1点目に、車に不具合が発生した場合が挙げられます。

特に、エンジン系統に不具合が出てしまうと修理するのに予算が多く掛かってしまうだけでなく、オーバーホールなどを施しても車を正常に作動させられる期間が限られてしまったり、また、エンジンの載せ替えを行った場合もおおよそ50万円以上と多額の費用が必要になります。
また、バッテリーを用いて走る車の場合、バッテリー交換もしなければなりません。

ライフスタイルの変動

車を買い替えるおすすめのタイミングの5点目に生活スタイルが変化したときが挙げられます。
結婚して家族が増える予定ができれば、移動する際に多くの人を載せることができる車を用意しなくてはならなくなったり、結婚や転職で生活環境が変化すれば維持費が多く掛かる車に乗る機会が減るので乗り換える必要性が出てきます。

車を乗り続けるか、買い替えるかの見極め方

中古車 お金

車を買い替える場合、乗り続けるべきかどうか車の車種や年式によって判断していくことが重要なことです。

軽自動車は維持費自体は掛かりませんが、耐久性に優れた車ではないので長く使い続けることで維持費が多く掛かってしまうことがあり、また、車をどのように乗ってきたかでも買い替えるタイミングが異りますが5年から7年が乗り換えの目安になっています。
ここでは、車を買い替える際の別れ目について紹介していきます。

軽自動車は買い替えた方がいい

車を買い替えるかどうか決めるための判断材料の1つ目に、軽自動車は買い替えた方が良いことが挙げられます。
新車の軽自動車は税金の優遇があったり、維持していくための費用が抑えられるメリットがありますが、通常の普通自動車に比べると耐久性に優れておらず、長く乗り続けることで維持費自体がかさんでしまうことがあるため買い替えた方が良い場合が多いです。

車に何年も乗り続けるためにできること

車を何年も乗り続けるためにできることを実践していけるかどうかも、車を乗り続けるかどうかの判断材料になります。
車の車種や構造を知ることができれば、運転する際どのようなことが自動車にとって良くないことなのか判断して運転することができるので車に負担を掛けることがなくなり、エンジンやミッションを故障させず乗り続けることができます。

お気に入りの車に長く乗るコツとは?

車 買い替え

何年も同じ車に乗り続けていきたい場合、注意すべきポイントを押さえながら運転していく必要があるでしょう。
何年も乗っていると車の不具合が多くなり、維持していくための費用が多く掛かってしまったり、新車よりもメンテナンスに気を配る必要性が出てくるので、それらの労力を考えていく場合、買い替えを検討した方が良いことがあります。

ここでは、何年も同じ車に乗る場合に押さえておきたいポイントについて紹介していきます。

保有年数が長くなると維持費が高くなる

何年も同じ車に乗る場合に気を付けるポイントの1つ目に、保有年数が長くなると維持費が高くなる点が挙げられます。
長く車を保有することになるとメーカーの保証期間が過ぎてしまったり、消耗品の交換の回数が増えたり、また、車自体の不具合が多くなるため年式が新しい車や新車よりも維持費が高くなることがあります。
車への特別な思い入れがなければ、維持費が掛かることも考慮して買い替えることも検討しましょう。

メンテナンスの必要性が高まる

何年も同じ車に乗る場合に気を付けるポイントの2つ目に、メンテナンスの必要性が高まる点が挙げられます。
保有年数が長く経過した車は消耗品の劣化も早く、安全に走行していくためのメンテナンスが新車や年式が新しい車より必要になるので、そのための整備費や車検時に支払う代金も高くなります。
メーカー保証が切れた車は自己負担で修理を行っていかなくてはならず、部品の取り寄せや修理自体に費用が掛かることがあるでしょう。

修理するよりも買い替えた方がお得な場合もある

何年も同じ車に乗る場合に気を付けるポイントの3つ目に、修理するよりも買い替えた方がお得な場合がある点が挙げられます。
保有期間が長い車はミッション系統やエンジン系統に不具合が見られることが多く、それらの箇所を修理していくには消耗品の交換よりも多く費用が掛かることがあるので、買い替えた方が車を維持していくための予算を抑えられることがあります。

車を買い替える前にやっておくべきこと

車売却 査定

いざ車を買い替えようと検討してみても、何から始めるとよいかわからない方も多いのではないでしょうか?特にいま所有している車を別の人に購入してもらった方や、自動車についてそれほど詳しくない方は、次に乗る車の選定含め難しい部分でしょう。

ここでは車の買い替え前にやっておくべきことをまとめました。買い替えについて検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

査定相場を調べる

車の買い替えを検討する際は、事前に査定相場を調べておきましょう。自分の車の相場を知らずに売却してしまうと損をしたり、あるいは売却価格を高望みしすぎて売れなかったりします。
最近だと、売却予定の車の年式や走行距離など、簡単な項目を入力するだけですぐに相場をサイト上で調べることができる”一括査定サイト”もあるので、まずは簡単なシミュレーションで相場を調べることがおすすめでしょう。

ローン残債の確認

現在所有している車を購入した際にローンを組んだ方は、ローン支払いが必要かどうか、未払い分の残債について確認しておくことをおすすめします。ローン残債が買取の査定額より低い場合は、査定額から差し引くことが可能で、残額を車両売却代金として受け取れます。

ローン残債については、必要な手続き・手数料等含め担当者に確認しておきましょう。

自動車税納付の確認

毎年4月1日時点で名義人に納付義務があり、各都道府県から納付書が送られてきます。車を買取業者で買い替える際は、自動車税納付済みであることを証明する「納税証明書」が必要になるため、必ず納付書を受け取ったら自動車税を納めるようにしましょう。

ただし、3月末に売却する場合、3月中の名義変更に間に合わない場合もあります。その際は納付書が元の名義人、つまり売り主のもとに届くことになりますので、必ず売却する際に協議して、確認するようにしましょう。

何年も乗った車は買い替えや乗り換えを検討しよう

中古車探し

車に買い替えるかどうかのおすすめのタイミングの見極め方や判断する要因について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
車を何年も乗り続けていると維持費が高く掛かってしまったり、メンテナンスの必要性が高くなってしまうので現在乗っている車の現状を確認し、乗り続けていくべきかどうかを判断しましょう。

買い替えのベストなタイミングを見極めるためには、車を維持していく上で必要なことを理解するということが大事です。

車選びドットコムマガジン編集部

豊富な中古車情報や画像&動画からピッタリのクルマを探せる中古車検索サイト「車選びドットコム」がお送りするマガジンです。
中古車が買いたくなるような、多数のオススメ中古車情報・クルマ雑学・トレンドニュース記事をお届け。あなたの気になる中古車も、これを読めばきっと見つかる!運命の一台に出会うきっかけづくりをお手伝いします。

公式YouTube:https://www.youtube.com/c/kurumaerabicom
公式Twitter:https://twitter.com/kurumaerabicom

車選びドットコムマガジン編集部

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる 車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

カテゴリー

注目タグ

車選びドットコム加盟店募集中 詳しくはこちら

デイリーランキング

2022.09.26UP

最新記事