中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

こだわりのヴィンテージカーを探すなら

根強いファンの多いヴィンテージカー、取引価格も急騰しています。ルノー 4(キャトル)やローバーミニといった普段使いもできるヴィンテージカーから、モーガン・ケーターハムのように半世紀以上同じ作り方をしておりいまだに新車として手に入る車まで、おすすめのヴィンテージカーを紹介します。

※2014年12月11日時点

Chapter
今甦る昔の輝き
トラックや商用車は希少性が高い
実際買うならどんなクルマ?おススメのクラシックカー

今甦る昔の輝き

日産 スカイラインC10型

輸入車に乗ることが「身近な異文化交流」だとすれば、ヴィンテージカー「価値観の異なる時空をまたぐ時間旅行」のようなものと言えるかもしれません。

ヴィンテージカーとはクラシックカーの中でも特に高性能であったり、デザインの美しさや車種自体の希少性、レーシングカーであれば戦績、その車が持つストーリ…そういうものすべてによってその価値が決められる車たちのことを指します。
自動車ですのでタイヤは4本付いていますし、エンジンもあります。しかし、その車が登場した時代背景や、自動車の製造技術も今とはまったく違います。今よりももっとプリミティブかもしれませんが、それだけに今よりもずっと手間をかけて造られていました。逆に現在ではもはや造ることができないクルマさえあるのです。
そういうものを通して、今にないクルマの魅力に浸り、時代を超えてそのクルマに出会うことに感謝し、作った人、保存に尽力された方への感謝する。ヴィンテージカーの魅力とはクルマだけではないように思います。

でも本来は、マイカーでも町で売っている中古車でもそういう側面はあるはず。ですがヴィンテージカーに触れることで、そういったクルマに対する愛着をより身近に感じられれば何よりだと思うのです。

総じて人気が高い、クラシックカー・ヴィンテージカー市場

確かにクルマ自体をみれば、数十年前の中古車、かもしれません。しかし、コレクターと呼ばれる人たちは世界中に多数いるものです。そういう人たちが欲しいのは、その美しい外観であったり、またはいろいろな曲折を経て世の中に再び出てきたと言うエピソードだったりするのです。
それはもはや、クルマの体をなした「美術品」や「古文書」と言ってもよいかもしれません。世界的に景気が持ち直していることもあってでしょうか、クラシックカーやヴィンテージカーと呼ばれる車の取引価格が現在急騰しています。懐かしいクルマ、思い出のクルマ、一目ぼれしてしまった古いクルマはできるだけ早めに入手した方がいいかもしれません。

トラックや商用車は希少性が高い

日産 サニートラック

新車や高年式の商用車は、最低限の機能しか付いていないこともあり、乗用車仕様より安価であることが珍しくないでしょう。しかしながらこうしたクルマは酷使され、そのまま解体されてしまうケースも少なくありません。ですので低年式の商用車はかなり貴重であるといえるでしょう。
そういうクルマを見ることで、そのクルマの現役時代の人々の生活が自然と思い描かれてくることでしょう。商用車ファンも根強い愛好者の方がかなりいらっしゃいます。スーパーカーではなくバンやトラックがあったら、ちょっと細かいところまで見てみると興味深い説明書きや、懐かしいディーラーのシールなど、今のセンスとは異なるポイントを見つけることができるかもしれません。是非注目してみましょう。

日本で身近なクルマと言えば、日産のサニートラック。小さなボディで使い勝手のいいトラックとして、かつては日本中で走り回っていました。そして、クラス唯一の車種だったため生産終了後は、トラックとしてのみならず、昔のスタイルを残す旧車(クラシックカー)として人気が出ました。今でも大切に乗っている人が結構多い車種です。

実際買うならどんなクルマ?おススメのクラシックカー

購入 販売店 鍵 ディーラー

昔のクルマを見ていると、人の手のぬくもりを感じ、今時のモノ作りにはない暖かさ、独特の雰囲気に魅了されます。いつしか「自分でも乗ってみたい」と思ったりするかもしれません。なかなか不便なこともあるかもしれませんが、それもヴィンテージカーの味のひとつだと思います。
その際に注意することは「車種以上にお店選びが大事」ということや、今のクルマならなんでもないことでも「根を上げるかもしれない車であることに対する忍耐と、大きな器、広い心」ではないでしょうか。

メンテナンスフリーと言うわけにもいきませんが、馴れてくれば自分でできることもあるでしょう。しかしはじめのうちはやはりショップに頼ることも必要です。そのショップのスタッフの方のキャラクター、人柄、あなたとの相性はいいでしょうか?長い付き合いになるでしょうから、実は腕のよしあしと並んで大事なことかもしれません。
気に入ったクルマが決まったら、そういうクルマを良く扱っているお店をチェックしましょう。実際にお店に行く前に在庫の顔ぶれなどである程度好みや、趣味趣向もわかるかもしれません。なんだかよさそうだなと思ったら遊びに行ってみるといいでしょう。
そして欠かせないのが忍耐力。クラシックカーなどは多かれ少なかれ思い通りにはなりません。でも愛情をもって接すると、案外応えてもくれたりします。ぜひ忍耐力をもって接してください。

そんな中おススメのクラシックカー・ヴィンテージカーはルノー4(キャトル)、ローバーミニ、メルセデスベンツW123、フォルクスワーゲンビートル、フィアットパンダといったあたりでしょうか。構造もシンプルで、比較的普段から使えるクルマといえるでしょう。
こういうクルマがガレージに納まっていたら、それだけで楽しいに違いありません。

今も作っている「クラシックカー」

実は、かなり少ないですが、クラシックカーと言うレベルで長きにわたって製造していて、今なお新車で購入できるクルマがあるのです。
モーガン、ケーターハムスーパーセブンはもう半世紀以上同じボディでクルマを造っています。エンジンだけは最新のものを使用していますが、ボディのつくりは昔ながらの手作り。雰囲気的に最高です。
またほぼ外販は昔のままながら中身が最新になっていると言う点ではランドローバーディフェンダー(正規輸入なし)やメルセデスベンツGクラスも同じような傾向はあるかもしれません。こうしたクルマでも、昔ながらの丁寧なものづくりに触れることはできるのではないでしょうか。

ただ、大変流通量が少ない車種です。新車といっても、納期が長かったりして、入手しやすいとはいいにくいクルマなのです。そういうときに中古車は大変いい選択肢であると言えるのではないでしょうか。
趣味性の高い車ですので、乗りっぱなしでメンテナンスされていないようなクルマは少ないでしょう。そして個体ごとの品質にも差が出る可能性の高い車種。中古車の方が、エンジンに当たりがついて、油がよくまわって好都合と考えることもできるでしょう。
そしてこうしたクルマは、自然と得意とする、販売実績の多いショップに集まる傾向があるのです。そういうところで購入するとオーナー同士の交流、お店との関係も密に取れたりするものです。ですので、是非こうした車を購入する場合に中古車を活用してみてはいかがでしょうか。

※最新の中古車情報を掲載している都合上、中古車情報と記事内容が相違している場合があります。

エディターズ・アイ

「車選びドットコム」のカーライターがお届けする、知って得する自動車情報が満載!

あなたの新しい車選びの参考にしてください。

エディターズ・アイ

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

おすすめ記事デイリーランキング

2021.08.06UP

デイリーランキング

2021.08.06UP

最新記事