中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

車を売却する際のディーラーと買取店の違い|それぞれのメリット・デメリット5つ

車を売却する場合、ディーラーと買取店にはどのような違いがあるのでしょうか。この記事では車をディーラーで売却するメリットやデメリット、買取店で売却するメリットやデメリットなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Chapter
車を売却する方法とは?
買取店とディーラーの違い
車をディーラーで売却するメリット・デメリット
車を買取店で売却するメリット・デメリット
車を高く売却するポイントって?
買取店とディーラーの違いを知り車をスムーズに売却しよう

車を売却する方法とは?

車売却 選択肢

車を売却する方法にはさまざまな選択肢があります。
車を売却する場合、一般的には買取業者に依頼するケースやカーディーラーに下取りに出すケースが多いです。また、個人間で売買を行うケースもあります。
近年ではインターネットオークションなどを使った売却も行われていますが、名義変更の書類の不備などでトラブルになるケースもあるため、初心者にはおすすめできません。

買取店とディーラーの違い

車売却 タイミング ポイント

買取店車の買取がメインで、ディーラー新車購入が前提という違いがあります。
どちらも業者への売却ではありますが、買取店の場合はもともと車を買い取って中古車として販売することで利益を得ています。そのため、単純に車の売却のみに利用できます。
一方、ディーラーは新車を購入するついでに不要になった車を下取りに出すという流れになるため、買い替えをせずに売却だけ行うことは難しいです。

車をディーラーで売却するメリット・デメリット

車売却 ディーラー

車の売却を行う際に、ディーラーでの下取りを検討しているという方もいるでしょう。新車購入時に利用されるケースがほとんどの下取りですが、具体的にどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

ここでは車をディーラーで売却するメリット・デメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

車をディーラーで売却するメリット5つ

ディーラーでの下取りは買取と違い、基本的に引き取った車の査定額を新車の購入費用から差し引く仕組みになっています。そのため、手続きに手間をかけたくない人にとっては新車購入と不要な車の売却が同時に出来る非常に便利なシステムであると言えます。
ここでは、まずは車をディーラーで売却するメリット5つをご紹介していきます。


①代車を借りられる

ディーラーで売却すれば、代車をレンタルすることができます。
ディーラーで下取りに出す場合は、その場で代車が借りられるケースが多いです。そのため、それまで乗っていた車を下取りに出した後、新車が納車されるまでの期間、車が無くて困るということがありません。
仮に代車がない場合、新しい車が納車されるまで車がない生活を送ることになるため、それまで日常的に車を利用していた人なら不便に感じるでしょう。

②他のメーカーの車でも下取りができる

ディーラーでの下取りは、基本的に他のメーカーの車であっても売却可能です。
車の下取りは買取と違い、新車を購入してくれるお客様へのサービスの1つとなっているため、特に利益を得ることを目的にしているわけではありません。そのため、そのディーラーが取り扱うメーカーではない他社メーカーの車であっても下取りしてもらうことができます。

③簡単に売却がしやすい

ディーラーでの下取りなら簡単な手続きで売却ができます。
ディーラーであれば、車の乗り換えで新車を購入するついでにそのまま不要になった車を売却することができるため、一か所で全ての手続きを終わらせることができます。そのため、買取と違い、業者に連絡を取ってスケジュールを合わせて車の査定を行ってもらうといった手間が一切かかりません。

④安心感がある

正規ディーラーでの下取りとなるため安心感があります。
車の買取業者に依頼して車を査定してもらう場合によくあるトラブルとして、査定後に減額されるケースがあります。もちろん、大手の買取店ではほぼありませんが、買取業者の数は非常に多いため中には悪質な業者も存在します。
一方、メーカーの看板を背負っている正規ディーラーならそういったことは起きないため、安心して下取りを利用することができます。

⑤新車の価格から引いてくれる

ディーラーでの下取りなら査定額をそのまま新車購入価格から引いてくれます。
ディーラーで下取りをしてもらう場合、古い車の売却と新車購入をそれぞれ別に行うわけではありません。実際にディーラーに下取りをしてもらう場合は、引き取った車を査定し、算出された査定金額を新車購入費用から差し引く仕組みになります。 そのため買取と違い、お金のやり取りをする必要もありません。

車をディーラーで売却するデメリット5つ

ここまでディーラーで下取りしてもらうメリットをご紹介しましたが、一方でデメリットも存在します。そのため、ディーラーでの下取りを検討している場合はメリットとデメリットの両方を理解した上で検討するようにしましょう。
ここでは車をディーラーで売却するデメリット5つをご紹介します。


①査定額が低くなりやすい

ディーラーでの下取りは相場よりも査定額が低くなる可能性があります。
ディーラーは買取店と違い、買取をメインに行っているわけではないため、市場価格があまり反映されません。また、買取専門の査定士が常駐していないケースもあり、買取専門店での相場を比較すると査定額が低くなることも多いです。
特に下取りでは査定額が新車購入金額から引かれるため、結果的に低い価格に設定されていたというケースもあります。

②売却のみができない

ディーラーでは売却のみの利用はできません。
前述のとおり、ディーラーは新車購入のついでに不要になった車を下取りしてもらうシステムとなっているため、新車の購入が前提です。そのため、買取店と違い、売却のみでディーラーを利用することはできません。
また、下取り価格は新車購入金額からの値引きとなるため、売却で得た代金を何かの目的で使いたいといったケースでは、ディーラーの下取りは利用できません。

③購入できる車のメーカーに限りがある

ディーラーでは購入できる新車のメーカーが限られています。
ディーラーは特定の自動車メーカーと特約店契約をしている正規販売店となるため、ディーラーごとに購入できる車のメーカーが決まっています。 特定のメーカーの車種は品ぞろえも充実していますが、他のメーカーの車は取り扱っていないことから、さまざまなメーカーの車を比較して新車を選ぶことはできません。

④下取りの価格変動がない

ディーラーでの下取り価格は相場により変動しません。
ディーラーの下取りはあくまでサービスの一環なので、買取店と違い、中古車市場での価格変動によって下取り価格が上がるということはありません。また、中古車の販売が本業という訳でもないため、下取り価格の競争も起こりません。
そのため、下取り価格はオークションなどでの最低相場のまま固定になっているケースもあります。

⑤値引き額による差があいまいになっている

ディーラーでの下取りは値引きとなるため、実際の下取り額が曖昧になります。
ディーラーでの下取りでは査定額は値引きとして新車購入代金から引かれるため、下取りした車の代金そのものが振り込みや現金で得られるわけではありません。 そのため、一般の値引き額と下取り額がまとめて値引きとされてしまい、実際にどれだけの金額が下取り額として値引きされたのかが曖昧になるケースも多いです。

車を買取店で売却するメリット・デメリット

車売却 買取店

ここまで車をディーラーで売却するメリットやデメリットをご紹介してきましたが、買取店での売却を検討しているという方もいるでしょう。車の売却のみを検討している場合にも利用しやすい買取店ですが、具体的にどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
ここでは車を買取店で売却するメリット・デメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

車を買取店で売却するメリット5つ

車の買取店はディーラーと違い、買取を本業としているため、買取店で車を売却してもディーラーのように代わりの新しい車を購入する必要はありません。そのため、車の売却後は新しい車の購入予定がないという人にも便利です。
ここでは、車を買取店で売却するメリット5つをご紹介していきます。


①車の売却のみ可能

買取店での売却であれば、車の売却のみを行うことができます。
買取店は新車購入が前提のディーラーと違い、車の買取そのものが本業となるため、売却のみの利用が可能です。 たとえば高齢になって車を手放そうと考えている方や、生活環境が変化したことで車が不要になったという方もいるでしょう。そういった場合、新車を購入せずに売却のみを行える買取店は便利です。

②売却できるメーカーや車種に限りがない

買取店での売却ならメーカーや車種を気にする必要がありません。
ディーラーでは他社メーカーの車を下取りしてもらうことはできますが、取り扱っていないメーカーの車は査定額も下がる傾向があります。 しかし買取店であればメーカーや車種によって査定額が影響を受けるということもないため、気にすることなく売却することができます。

③査定額が高め

買取店での売却は査定額も高めになりやすいです。
買取店はディーラーと違い、中古車市場の相場が反映されることから、下取りよりも高い査定額になる傾向があります。また、独自の中古車販売ルートを持っており、自社で販売することもできるため、高い金額で再販可能です。 そのため、相場に見合った高い金額で買い取ることができるようになっています。

④オートオークションで販売できる

買取店での売却ならオートオークションで販売することも可能です。
オートオークションでは自社で販売ルートを持たない業者が買い取った車を出品し、他の業者が落札して他の人へ車が渡る仕組みになっています。 個人でオートオークションへ出品するなら、業者に依頼して出品してもらうことができます。この場合、市場相場よりも高い価格で落札してもらえる可能性があります。

⑤値段がつきづらい車でも売却ができる

買取店での売却なら下取りで0円査定になってしまうような車でも売却可能です。
中古車の買取を専門に行っている買取店であれば、海外を含めた独自の販売ルートを持っています。そのため、値段が付かないような年式の車や故障車などでも、海外での販売のために買い取ってもらえる可能性があります。
また、車としては価値がなくても部品としては販売できる可能性もあるため、売却できる可能性が高いです。

車を買取店で売却するデメリット5つ

ここまで買取店で売却するメリットをご紹介しましたが、メリットがある一方でデメリットも存在します。そのため、買取店での売却に関してもメリットとデメリットの両方を理解した上で売却を検討するようにしましょう。
ここでは車を買取店で売却するデメリット5つをご紹介します。


①手数料がかかる

買取店で売却する場合、手数料を取られます。
車を売却する場合には基本的に手数料がかかります。ただし、買取店によってはサービスを受けるかどうかで手数料がかからないケースや、かかる場合でも金額が変わってくるケースがあります。 買取店での売却でかかる手数料としては、「査定料」や「車の引き取り料」、「名義変更料」などの種類があります。

②代車が借りられない場合がある

買取店で売却する場合、代車が借りられないケースもあります。
ほぼ確実に代車を用意してもらえるディーラーと違い、買取店の場合は業者によってサービスにも違いがあります。そのため、代車が借りられない場合は、新しい車が納車されるまで車がない不便な生活を強いられる可能性があります。

③査定額が低くなる場合がある

買取店で売却する場合、業者によっては査定額が低くなる場合もあります。
買取店は数も多く、査定を依頼する業者によって金額にバラつきが出ます。中には希望価格より低い金額しかつけないような業者もいるため、1社のみに依頼して売却してしまうと相場より低い価格で買われてしまう可能性があります。

④手間がかかる

買取店で売却する場合、手続きに手間がかかります。
新車購入と売却が同時に行えるディーラーと違い、買取の場合は買取店で売却して新車は別の店で購入する必要があります。そのため、車の買い替えを目的としている場合は、買取店への連絡やスケジュール調整などが手間になるでしょう。

⑤査定額に変動がある

買取店で売却する場合、タイミングによって査定額が変わります。
買取店の場合は中古車市場の相場によって査定額も変動します。たとえば1~3月は買取店の決算時期に近いことから高値になる可能性がありますが、年末などの車の需要が落ち込む時期は査定額も下がってしまいます。

車を高く売却するポイントって?

車売却 査定 お金

車を高く売却したいなら、できるだけ複数の買取店で査定をしてもらいましょう
ここまでご紹介したように、できるだけ高く車を売却するなら買取店に依頼するのがおすすめです。しかし業者ごとに査定額に違いが出るため、一括査定サービスなどを利用して複数の業者に査定を依頼し、もっとも高い金額を出した業者を選ぶようにしましょう。

買取店とディーラーの違いを知り車をスムーズに売却しよう

他人名義の車売却

できるだけ高く売却したいなら買取店、スムーズに売却したいならディーラーがおすすめです。
買取店での売却とディーラーでの下取りのどちらを選ぶかによって、査定金額やかかる時間には大きな違いが出ます。 ぜひこの記事でご紹介した車をディーラーで売却するメリットやデメリット、買取店で売却するメリットやデメリットなどを参考に、自分にとって最適な方法で車の売却ができるようにしておきましょう。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

デイリーランキング

2021.04.22UP

最新記事