中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

故障車を売却する際の注意点5つ|故障車の売却は業者選びがポイント!

故障車を売却する場合にはどのような注意点があるのでしょうか。この記事では、故障車でも値が付く理由や、故障車を売却する際の注意点、故障車を売却できる業者などをご紹介します。ぜひ故障車売却の参考にしてみてはいかがでしょうか。

Chapter
故障車の売却はできる?
なぜ故障車でも値が付くのか
故障車を売却する際の注意点5つ
故障車を売却できる業者は?
故障車の売却について知ろう

故障車の売却はできる?

車売却 故障者 お金

故障車であっても買い取ってもらうことが可能です。
事故を起こして車を壊してしまった場合など、故障車でも買い取ってくれるのかどうか不安に思う方も多いでしょう。しかし、実際には故障車を売却する人も多いことから、一般の中古車買取業者も対応に慣れています。

なぜ故障車でも値が付くのか

車買取 10年落ち

故障車でも修理すれば動くケースも多いため、値が付くことがあります。
故障車であっても基本的にエンジンがかかれば中古車として販売できる可能性があります。そのため、修理することで走行できるレベルに回復できる程度の損傷なら、ある程度の査定額が出せるでしょう。 また、海外では日本車の需要があるため、故障車でも動けば販売できる可能性があります。さらに車として値が付かない故障車でも、パーツとしてなら販売できます。

故障車を売却する際の注意点5つ

車売却 注意

故障車であっても売却できるということはわかりましたが、実際に故障車を売却する場合、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。
ここでは故障車を売却する際の注意点5つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

注意点1:修理してもあまり意味がない

故障箇所は修理してもあまり意味がないため、そのまま査定に出しましょう
故障の度合いにもよりますが、走行不能なレベルの故障となると修理をするのにも大きな費用がかかります。もちろん修理済みの車の方が査定額は高くなりますが、それ以上に修理費用が掛かることも多いため、下手に修理をしてもかえって損をする可能性があります。 そのため、市販の研磨剤などで直せる軽微な傷以外は修理をせずに査定に出すようにしましょう。

注意点2:ディーラーの下取りでは高く売れない

ディーラーの下取りでは中古車や故障車は高く売れません
カーディーラーは新車の販売をメインとしており、新しい車を購入した顧客の不要になった車を引き取るだけなので、中古車や故障車の買取自体は重視していません。 そのため、買い取ってくれたとしても高い査定額になることはほとんどなく、0円査定となるケースも珍しくはありません。このことから、故障車を売却する場合はディーラーを避けるのがおすすめです。

注意点3:車種などの専門性も考えて業者を選ぶ

業者によって得意な車種などにも違いがあります
故障車を売却する場合、できるだけ複数の業者に査定してもらうのがおすすめです。業者によって得意な車種が違っていたり、故障車への知識や専門性が違っていたりするケースがあります。 そのため、売却する故障車の車種なども考慮して、より専門性が高く高額査定で買い取ってもらえる業者に売却するのがおすすめです。

注意点4:故障箇所は正直に伝える

故障箇所はスタッフに伝えておきましょう
故障箇所を隠して査定を行った場合、後で発覚した際は再査定や減額となるケースがあります。また、契約成立後であれば全額返金を求められることや、最悪の場合は訴えられる可能性もあります。 民法上、このような場合には、契約内容に適合していないとして、売主に修補や代金減額、損害賠償請求などの責任追及ができることとされています。そのため、故障箇所はきちんと申告するようにしましょう。

参考:民法(債権関係)の改正に関する検討事項|法務省

処分費の発生を念頭に入れておく

故障度合いによっては処分費が発生することもあります
故障の度合いが大きく値段が付かない場合には、そのまま廃車処分を依頼するケースもあります。しかし、車の処分には処分費がかかるため、逆に数千円から数万円程度の処分費を支払わなくてはならなくなります。 そのため、そのまま処分するよりも、一度廃車専門の業者に査定を依頼してみることをおすすめします。

故障車を売却できる業者は?

鍵 キー 受け渡し 引き取り 売買

故障車を売却できる業者にはどのようなものがあるのでしょうか。
故障車であっても売却できることをご紹介しましたが、実際に売却する場合はどのような業者に依頼すればよいのでしょうか。 故障車は故障の程度によって業者を判断することが重要です。ここでは故障車を売却できる業者についてご紹介します。

軽度の故障

軽度の故障の場合、中古車買取店に売却すると良いでしょう。
ドアやヘッドライト、サイドミラーなどにへこみができた程度の故障車であれば、ほとんどの中古買取業者で査定してもらえます。 たとえばヘッドライトが点灯しない場合、ライトの交換や配線の修理だけで済むため、修理代金数千円程度を減額した査定金額での売却が可能です。そのため、通常の車の売却と同じように中古車買取店に依頼すると良いでしょう。

修理できない重度の故障の場合

修理できないほど重度の故障の場合、故障車専門の買取店へ相談してみましょう。
ボディの骨格部分の損傷やエンジン部分に大きなダメージがある場合、修理にも高額な費用がかかります。こういった重度の故障がある場合は、普通の中古車買取店では買取してもらえないケースがあります。 そのため、故障車専門の買取店へ依頼すると良いでしょう。故障車専門業者なら専門の販売ルートがあるため、買取してもらえる可能性があります。

故障車の売却について知ろう

他人名義の車売却

故障車を売却する場合は、コツを押さえてできるだけ高値で買取してもらえるようにしましょう。
ぜひこの記事でご紹介した故障車を売却する際の注意点や、故障車を売却できる業者などを参考に、故障してしまった車でも諦めずに売却できる業者を探してみてはいかがでしょうか。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

デイリーランキング

2021.04.22UP

最新記事