中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

傷のある車の買取査定額を上げるコツ5つ|傷と買取への影響もあわせて解説!

傷のある車の買取金額を上げるにはどのような方法があるのでしょうか。この記事では車の傷による業者の評価や傷のある車の買取査定額を上げるコツ、修復歴がある車の買取への影響などをご紹介します。

Chapter
車に傷がある場合は買取できるのか?
車の傷によって業者の評価はどのように変わる?
傷のある車の買取査定額を上げるコツ4つ
修復歴がある車は買取にどんな影響がある?
傷のある車は自分で判断せず買取査定に出そう

車に傷がある場合は買取できるのか?

車売却 傷

傷がある車でも買取をしてもらうことは可能です。
車を売却する際に車体などに傷があると、「本当に買取してもらえるのか」、「先に修理しておいた方がいいのか」など不安になることもあります。 しかし基本的には傷があっても買い取ってもらえるケースがほとんどで、小さな傷であれば査定に響かないこともあります。
この記事では傷のある車を売却する場合に、買取査定額を上げる方法についてご紹介します。

車の傷によって業者の評価はどのように変わる?

車売却 傷 評価

傷がある車でも基本的には売却できますが、傷の程度によって査定額が変わります。具体的には、買取業者は傷のある車を査定する際に、「爪が引っ掛からない程度の傷」なのか、「再塗装で済む傷」なのか、「板金が必要な傷」なのかという3つの基準で査定を行います。
ここでは車の傷の程度を5つに分け、業者の評価がどのように変わるのかの例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

触れてもわからないような軽い傷

触れてもわからないようなかすかな傷であれば、買取金額に影響が出ることはほとんどありません
車は走行中の飛び石などで傷がつくのは当然なので、触れても傷があるのかどうかわからないような軽い傷であれば査定に響くことはありません。また、それほど薄い傷であれば簡単に修理できることも減額されない理由です。
ただし、車体全体に無数の傷がある場合は修理にも手間がかかるため、査定に影響するケースがあります。

軽度な傷で塗装が必要な場合

塗装が必要な軽い傷の場合、傷の大きさによって買取金額に影響が出る可能性があります
塗装が必要な軽い傷とは、ボディは無傷で塗装のみが剥げている状態です。この場合、1cm未満の傷であればほぼ減額されませんが、目安としてカードサイズ以下なら約10,000円、A4サイズ以下なら約10,000円~20,000円で、それ以上なら10,000円~40,000円程度減額されるでしょう。

板金が必要な傷

板金が必要な傷であれば、買取金額にも大きな影響が出ます
板金が必要な深い傷を治すには専門的な知識や技術が必要となるため、一般の整備士では修正できません。そのため、修理費用も高額になります。
特に部品面積の半分以上に傷がある場合は部品を交換しなければいけないため、大きく減額されるでしょう。そのため、大きな凹みなどがある車の買取価格は低迷します。

塗装と板金どちらも必要な傷

塗装と板金の両方が必要な傷であれば、買取金額にも大きな影響が出ます
前述のとおり板金が必要な傷を修理するには専門的な知識が必要となるため、塗装と板金が必要な場合は大きく減額される対象になります。
たとえばA4サイズ以下の傷なら約15,000円~50,000円、A4サイズ以上なら約20,000円~80,000円、パネル面積の2分の1以上なら70,000円~20万円程度減額される可能性があります。

明らかにダメージの大きい傷

明らかにダメージが大きすぎる車は買取価格が付かないこともあります
ある程度の傷であれば買い取ってもらえますが、手に負えないほどのダメージがある車の場合は業者が販売するまでのコストがかかりすぎるため、値段が付かないこともあります。
また、ダメージが大きすぎる車は販売せずに廃車処分するケースも多いため、逆に処分費用がかかるでしょう。

傷のある車の買取査定額を上げるコツ4つ

洗車

車を売却する場合、できるだけ高い金額で買い取ってもらいたいと考えるのが普通です。
傷がある車でも、いくつかの工夫によってそのまま査定に出すよりも買取金額を上げることが可能です。ここでは傷のある車の買取査定額を上げるコツ4つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

清潔な状態で査定に出す

車の外装や内装を綺麗に清掃しておくことで、査定価格が上がることがあります。
車は減点方式で買取金額が下がっていくため、傷だけでなく汚れも酷い車の場合はより査定金額にも影響を与えます。そのため、普段から定期的に掃除しておくことがおすすめです。
また、車内の臭いもマイナスの評価に繋がるため、消臭スプレーなどを使って臭いも消しておくようにしましょう。

査定は買取専門店に出す

ディーラーでの下取りではなく買い取り専門店に出すことで、査定価格を上げることができます。
下取りはスムーズな売却ができますが、買取価格は上がりません。そのため、買取専門店に出して査定をしてもらいましょう。
また、買取専門業者の中には廃車専門の業者もいるため、傷が酷い車であっても買い取ってもらえる可能性があります。

一括査定で複数の業者を検討する

一括査定によって複数の業者に査定をしてもらうことで、査定価格を上げることができます。
同じ車でも業者によって査定価格は異なるため、できるだけ複数の業者に査定をしてもらうことが重要です。一括査定サイトであれば一社一社に依頼しなくても簡単に複数業者に査定してもらえるため、利用するとよいでしょう。

廃車買取も視野に入れる

価格が付かない場合は廃車買取も視野に入れることで、査定価格を上げることができます。
傷が酷い車の場合は価格が付かないこともありますが、前述のとおり買取業者の中には廃車専門で買取を行っている業者もいます。そういった業者であれば普通の買取業者が買い取らないような車でも買い取ってもらえる可能性があります。
廃車買取の簡単な仕組みとしては、自動車を構成している様々な部品を解体し売却して利益を得られるからです。なので、一目で価値がないとわかるようなダメージが大きすぎる車の場合は廃車専門の買取業者に依頼するのがおすすめです。

修復歴がある車は買取にどんな影響がある?

事故車

修復歴がある車の場合、傷が無くても減額されます。
修理歴がある車とは、車の骨格部分が損傷し、修理や部品交換を行った車のことです。フレームやインサイドパネル、フロアなどのボディ部分にダメージを受け修理を受けた車は、修理歴がある車となります。 そういった車は車種のランクや修理箇所によっても異なりますが、13万円~53万円程度の高額の減額対象となります。

傷のある車は自分で判断せず買取査定に出そう

インターネット パソコン 通販 購入

傷がある車でもコツを押さえることで高値で買い取ってもらうことが可能です。
傷のある車でも、傷の程度や業者によって査定金額は異なります。ぜひこの記事でご紹介した車の傷による業者の評価や傷のある車の買取査定額を上げるコツ、修復歴がある車の買取への影響などを愛車売却の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

デイリーランキング

2021.04.22UP

最新記事