中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

車の下取りと買取の違いとは?それぞれのメリット・デメリットをご紹介

これから車の取引をおこなう方は、下取り・買取について理解してから店舗へ問い合わせるとよいでしょう。今回は、車の下取りと買取の違い、そして各メリット・デメリットを紹介していきます。理解することによってスムーズに車の取引が完結することでしょう。

Chapter
車の下取りと買取の違いとは
車の下取りのメリット3つ
車の下取りのデメリット2つ
車の買取のメリット2つ
車の買取のデメリット2つ
下取りの方が向いている人
買取の方が向いている人
車の下取りと買取のメリットを比較してみよう

車の下取りと買取の違いとは

購入 販売店 鍵 ディーラー

下取りは所有している車を売ると同時に新たに車を購入することで、買取は所有している車を業者に買取ってもらう取引を指します。例えば、車を下取り会社へ出して新しい車を買ったり、使用しなくなった車を売ったりすることです。つまり、下取りは「車の取り換え」、買取は「車の売却」と言い換えられます。

お得なのは下取りと買取どっち?

車の下取りと買取を比較して「どちらが得な方法です」とは断言できません。なぜならば、車種・年式・現状によって査定価格が大きく違うからです。 ただし、下取りの方が高値での取引交渉が可能なケースもあります。お得感の感じ方は人それぞれ異なります。依頼主の車に対する思い入れの度合によっても違ってくるでしょう。 下取りと買取のどちらにすればよいか迷う方は、それぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

車の下取りのメリット3つ

免責額は大きい方がいい!その理由は?

下取りにはどのようなメリットがあるのか気になる方も多いことでしょう。メリットを理解し、自分に合っている売却の仕方を決めることが大切です。これから、車の下取りのメリット3つを紹介していきます。

車の下取りのメリット1:新車購入の時に値段交渉できる

新車を購入し不要な車を下取りしてもらう場合に限り、購入する車の価格交渉が可能です。車下取り業者には、新車・中古車の販売をしている店舗もあります。不要な車を下取りして車を購入する際、数千円や数万円の価格交渉が可能なケースもあります。 下取りされた車は業者の手によって修繕し、その後中古車として販売するため、新車価格を多少下げて売却しても、企業にとって大きな損失とはなりません。むしろ、業者は価格交渉に応じることで顧客との良好な関係性を構築できると考えているでしょう。

車の下取りのメリット2:手続きが少ない

不要な車を下取りすると業者が手続きを完結してくれるため、車の所有者は複雑な手続きをせずに済みます。個人で車の売買をおこなうと廃車手続きや新規登録、車検・保険の名義変更などが必要です。 一方、店舗で取引する場合には、業者が面倒な手続きを遂行してくれるため、依頼者は簡単に取引を完了できます。

車の下取りのメリット3:新車の納車まで乗っていられる

新たな車が納車される日まで、不要な車を所有したまま使用できるのが下取りのよい点です。日常使用する車をレンタカー会社から借りることも可能ですが、依頼主が乗り慣れた車を最後まで利用できる点は下取りのメリットとして挙げられます。 新車を購入すると、納車まで約半月前後の期間が必須です。その間、下取りに出す車を継続利用できるため、仕事やプライベートでも困ることがありません。 

車の下取りのデメリット2つ

新車割引とはどんな割引?中古車も利用できるの

下取りする場合には、デメリットが存在するのも事実です。メリットばかりではなく、マイナス面も知ったうえで車の下取りをおこなうことが最善でしょう。新しい車の納車は気分も高揚しますが、後悔することがないように、ここで紹介するデメリット2点を参考にしてみてください。

車の下取りのデメリット1:高額査定は見込めない

不要な車を下取りに出す場合、高額査定は期待しない方がよいでしょう。社団法人日本自動車査定協会が定めている基準によって査定がおこなわれるため、高額査定は見込めないでしょう。人気車やほとんど使用していなかった綺麗な車であれば話は違いますが、経年劣化している中古車の場合は数万円という査定額になることも少なくありません。 下取りする場合は、査定額をあまり期待しない方が気分よく車の取引を進められるでしょう。

車の下取りのデメリット2:中古車相場に合った査定額なのか分かりづらい

下取りで不要な車を業者に買取ってもらう際、依頼主は査定額の比較対象がないため、不明な点を持ったまま取引が進行するケースが多々あります。中古車には買取価格の相場がありますが、あくまでも現状で判断されるため、実際の査定額は企業によって異なるのが実状です。 高値で下取りしてくれる業者を探すためには時間・労力が必要ですので、依頼主が納得したまま車の下取りを進めるのが困難なパターンもあります。

車の買取のメリット2つ

通販型の保険料をさらに割安にするには?

下取りとは違う「買取」という取引について紹介していきます。不要な車を売るのみで、新たに車を購入しない取引を買取と呼びます。車を業者に買取ってもらうときのメリットは2つあります。「今後は車を所有しない」、もしくは「所有している車の数を減らしたい」ときに有効な取引です。

車の買取のメリット1:売却金額をそのまま受け取れる

業者に査定された買取価格を、余計な出費なく、「売却金額をそのまま受け取るのみ」という取引が買取です。その場で現金支払いしてくれる業者もあるため、非常にシンプルに取引できができます。 査定時間は数十分ほどが一般的ですので、忙しい方でもスピーディーに車を業者に買取ってもらえるため、書類さえ完備していれば依頼主の手間は不要です。

車の買取のメリット2:高額査定が見込める

状態がよい綺麗な車の場合、高値で買取ってくれる業者が存在しています。劣化が激しい中古車は査定額に期待できませんが、程度が良好だったり新しい年式だったりすれば高額査定に期待できます。 交渉も可能ですが大幅にアップはしませんので、やはり車の現状次第で業者が査定額を判断します。常に綺麗な状態を維持したうえで、業者へ車の買取依頼をしてみましょう。

車の買取のデメリット2つ

車両保険は必ず入るべき?判断ポイント

車を業者に買取ってもらう際、やはりマイナス面も存在しています。ここで、買取のデメリットを紹介します。 車の所有者は「どのようなデメリットがあるのか」、また「納得できるマイナス面であるか」を十分に理解したうえで車の取引を進めていきましょう。 

車の買取のデメリット1:提示された査定額の有効期限が短い

車を業者に買取ってもらう際、査定額に有効期限が設けられているケースがあります。即決で売却する場合を除き、しばらく検討したい依頼主に対しては業者が一定期間の時間を与えてくれます。数週間が期限として設定されるケースが多いため、気長な検討は難しいでしょう。 長期で車の売却検討を進めていきたい方の場合は、設定された有効期限がネックとなってしまい、取引を躊躇してしまうパターンも少なくありません。

車の買取のデメリット2:手続きが面倒

下取りとは違い、買取は手続きが多く取引に手間が掛かります。買取には「所有している車を売る取引」と「買取ってもらったお金で新たに車を購入する取引」という2つの方法があります。 いずれにせよ、業者が書類の処理をおこなうため、車の所有者が手間取る作業はありませんが、売却時に書類が必須です。1度、古い車に関する情報をリセットしたうえで、新たに車を購入する場合には新規・継続で車検と保険の手続きへと進みます。 ただし、単に不要な車を業者に買取ってもらうだけであれば業者が遂行してくれるため、依頼主がおこなう手続きは複雑ではありません。

下取りの方が向いている人

団体割引のメリットとデメリットは?

新たに買う車が決定している方で出費を抑えて取引したい場合には、下取りが適しているでしょう。欲しい車が確定していれば、所有している車を購入資金にあてられますので、非常にシンプルに取引ができて、なおかつ目当ての車も即購入可能です。 下取りは、車を必要とする方にとって比較的お得さを感じやすいでしょう。

買取の方が向いている人

弁護士費用特約の特長

今後は車を所有しない」と決めている方は、所有中の車を業者に買取ってもらう方法が適しているでしょう。 車生活ではなくなる場合や車の数を減らしたい方は、単に車を売却して現金化する方法がよいでしょう。もしくは、急に現金を必要としている方の場合、即日で買取ってくれる業者もあるため、買取の方が向いていると言えます。 いずれにしても現状で車が不要になった方は、早々に買取ってくれる業者へ売却するとよいでしょう。

車の下取りと買取のメリットを比較してみよう

現在の状況に適した手段を用いて車の取引を進めることが大切です。そして下取り・買取には、メリットやデメリットも存在しているため、依頼主の理想に近い方法で取引が完結できる業者を選ぶことも大切です。 もし不要な車がある場合、まずはあなたの車を下取り・買取してくれる業者選びから始めてみてはいかがでしょうか。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

デイリーランキング

2021.05.16UP

最新記事